うれしい変化

ぴかぴか (新しい)ご訪問いただきありがとうございますぴかぴか (新しい)
クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ

昨日、今日は気温が上がり、外にずっといるのがつらい位の陽気でしたね。

———————————————————————————————————————————-

さて、今回は「うれしかった子どもの変化」について書きます。

昨日、中2の子が何度も本棚の方を見て、珍しく本棚を気にする様子でした。
今まではそんなことがなかったので「どうしたのかな」と思いながら見ていると、どうも本棚にある1冊の本が気になったようでした。

その様子を見て「気になる本があったら読んで良いよ」と言うと、彼は池谷裕二さんの『できない脳ほど自信過剰』を手にとって読み始めました。

ちなみに、この本です。

———————————————————————————————————————————-

入塾当初の彼は自ら本を読むような子ではなかったので、その変化にとてもうれしくなりました。

最近では「興味を持つかな」と思って渡している新聞記事も読んでくれるようになり、その事もとてもうれしく思っていたところなので、二重の喜びになりました。

———————————————————————————————————————————-

大人の判断基準だと「変わる速度が遅い」と感じることでも、もしかするとそれはその子にとっての最大限のスピードかもしれません。

「子どもは必ず変わる」ということを信じて、ドンと待てるようになりたい。
そう思わせてくれるような出来事でした。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「大人数だと埋もれてしまう子」の強みや長所を活かしながら、Learning to Learn(学ぶための学び方)を身に付けるサポートをしています。(特に、「文章を読み、理解する力を養うこと」を重視しています)
不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
共育学舎BCI ~子どもの「文章を読み、理解する力」を伸ばし、独学できるようにするマナビノバ~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です