新聞の音読/要約を続けて感じること

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字が苦手な子の『学びの土台』作りをサポートするマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

今週は寒い日が続きますね…
暖かかったり、寒かったりと、気温が安定しない日が続きますので、体調には気をつけてくださいねほっとした顔

———————————————————————————————————————————-

さて、今回は「新聞の音読/要約を続けて感じること」というテーマで書かせていただきます。

私は共育学舎BCIに通ってくれている子達に毎回、新聞の音読と要約をさせています。
BCIに通ってくれる子にはもともと活字を読む習慣のない子も多いため、「少しでも活字に触れる機会を増やしたい」「活字に慣れて読む力を伸ばしたい」と思い始めました。

やり続けて感じるのは、初めは音読速度が遅い&要約するポイントがずれている子でも、継続すると音読速度があがり、要約するポイントが分かるようになる、ということです。

また、音読を通じて活字に対する抵抗がなくなるせいか、本を読む子も増えました
これについては思いがけない副産物でした。

———————————————————————————————————————————-

私は学年があがっても、音読は続けるべきだと思っています。

音読を通じて「子ども達が漢字を読めているのか」「文章をかたまりで理解できているか」などが可視化できます。
また、上記のように活字に対する苦手意識が減るため、本や新聞を読む際のハードルが低くなります。

活字を読む習慣のない子は、音読から始めてみてはいかがでしょうかわーい (嬉しい顔)

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で活字が苦手な子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)
その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです🎵また、不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
資料請求はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です