知識活用問題が苦手な点 改善せず

クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

昨日に続き、今日も暑さの厳しい日が続いていますね。
これからが暑さの本番ですので、くれぐれも体調にはお気を付けください。

また、西日本豪雨によって亡くなった方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された方々にとっての日常が一日も早く戻ることを願っております。

———————————————————————————————————————————-

さて、先月31日文部科学省から全国学力テストの結果が発表されました。
全国学力テスト2018

詳しい結果につきましては上記のリンクをご覧いただければと思います。

以前から指摘されてきたことですが、今回も「知識を問うA問題に比べ、知識活用型のB問題の正答率が低い」という傾向は変わらなかったようです。
現高1生からセンター試験が大学入学共通テストになり、「思考力・判断力・表現力」をより一層重視するということですので、知識活用型のB問題のようなタイプが増えることが予想されます。

今回のテスト結果を踏まえると、このままで大丈夫なのか気になるところではあります。

———————————————————————————————————————————-

子ども達の答案を見ているわけではないので推測にはなってしまいますが、知識活用型の問題が苦手な背景には以下のような原因が挙げられるのではないかと思います。

[国語]
・活字に触れる習慣がなく、活字を読むことに抵抗がある
・文章を読んでも、要旨がとれない
・自分の中で考えを深めるだけの十分な語彙が身に付いていない
・普段から自分の意見をまとめる機会が少ない

[算数/数学]
・何も考えずに、出てきた数を使って式を立ててしまう
・自分が立てた式の意味を分かっていない

———————————————————————————————————————————-

知識活用型の問題に対応できるようになるには、「これはこういうもの」とただ暗記するのではなく、普段から「なぜ?」を大切にする必要があります。
そして、その疑問に対して自分なりに考え、「なぜそうなるのか」を理解する。

そういった学習姿勢が問われているのではないか、と思います。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時にキラリと輝く子」の強みや長所を活かしながら、『文章を読み、理解する力』を身に付けて、学びの土台を築くサポートをしています。
不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
資料請求はコチラから

全てを「学びの材料」に

ぴかぴか (新しい)ご訪問いただきありがとうございますぴかぴか (新しい)
クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ

今朝は今シーズン1番の寒さだったようですね。
朝晩と昼の寒暖差が大きく体調を崩しやすい時期ですので、くれぐれも気を付けてくださいねわーい (嬉しい顔)

———————————————————————————————————————————-

さて、今回は全てを「学びの材料に」というテーマで書かせていただきます。

勉強の得意な子を見ていると、以下の2つのことが共通しているように気が付きます。
1. 文章を読み、理解できる
2. 学びが「学校」や「塾」/「教科書」の中だけに閉じられたものではなく、日常と結び付いている(「日常と学びが結び付いている」ということもできるかもしれません)

———————————————————————————————————————————-

2の例としては、先日行われた「衆議院議員総選挙」が挙げられます。

「選挙」に関しては中学3年生の公民で学ぶのですが、日常と学びが結び付いた子だと「まず選挙に興味を持ち、それを教科書で学ぶ」という順番になります。

もともと「選挙の仕組み」を漠然と知ったうえで、「衆議院選では小選挙区比例代表並立制というシステムが使われる」「衆議院議員の定数は465名で、小選挙区で289名、比例区で176名選ばれる」といった詳細を学びさらに理解を深める、という流れになるわけです。
さらに、新聞を読んで「小選挙区制には死票が多い」などの選挙の問題点にも気付くことができるかもしれません。

———————————————————————————————————————————-

勉強では、この「漠然と知っている」というのが非常に重要です。
教科書で学ぶ前に予備知識があれば、それは自分にとって身近な内容、すなわち「自分事」になります

私は、この事が定着率の差を生み出す、と考えています。

———————————————————————————————————————————-

今回はたまたま「選挙」でしたが、「ノーベル賞」や「本」、「マンガ」など、何でも「学びの種」になります

子ども達にはその種まきを「実体験を通じて」たくさんしてほしい、と思います。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「大人数だと埋もれてしまう子」や「育てにくいな」と感じる子の強みや長所を活かしながら、Learning to Learn(学ぶための学び方)を身に付けるサポートをしています。(特に、「読み、理解する力を養うこと」を重視しています)
不登校の子や発達に偏りのある子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
共育学舎BCI ~大人数だと埋もれてしまう子/「育てにくいな」と感じる子の「強み」や「長所」を伸ばすマナビノバ~

「くさやって漬物なん?干物なん?」

ぴかぴか (新しい)ご訪問いただきありがとうございますぴかぴか (新しい)

クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ

今日は少し暖かくなり、お昼はジャケットなしでも過ごせるくらいの陽気でしたね。
寒いのが苦手な私としては早く暖かくなってもらいたいものです(笑)

さて、突然ですが、下の写真って何か分かりますか?

くさや
実はタイトルにもある「くさや」の写真です。
写真では臭さが伝わってきませんが、実際に嗅ぐと悶絶するんでしょうね…

先日塾に通ってくれている中2の子から突然
「小杉!くさやって漬物なん、干物なん、どっち?」
と質問されたため、塾のこととは全く関係のない「くさや」の写真を載せてみました。

その子曰く
「くさやって、くさや液につけて、その後干すやん?
そしたら漬物でも、干物でも良いんちゃう?」と。
テストも近いこの時期に何を言っているんだ…と思いながらも(笑)、私は
「くさやの最終工程は『干す』だから、干物なんじゃない?」
と答えたのですが、彼は納得がいかなかったようで
「じゃあ、梅干しはなんで漬物なん?
梅干しの最終工程は『干す』のはずやで!
それやったら『干物』やん!」と。

そこまでの知識は私になかったため、「じゃあ、iPadで調べてみよう!」となったわけなんです。
(ちなみに梅干しは、昔は干さずに塩で漬ける梅漬けが一般的だったようですが、干すことでおいしさが増すということで夏の一番暑いころに干すようになり、それを土用干しと言うことから広まった、との説明が下記のリンクに書かれていました。そのため、漬物ではあるけれど、「梅干し」なんですね。→なぜ梅干しという名前?)

この子のように、子ども達には「大人が当たり前に感じることに疑問を感じられる能力」があるように感じます。
そんな子ども達の「なぜ?」に対して、「テストに役立たないからやめなさい!」と興味の種をつぶしてしまうか、「一緒に考えてみようか♫」と興味の種を開かさせるかで、子ども達の知的好奇心は大きく変わっていきます。
そして、興味の種を開いてもらってきた子は、このようにテスト勉強からは一見遠回りに見えても、様々なことに興味を持って自分なりに考えられるため、テストで求められる学力も伸びていきます。

子ども達の「なぜ?」には興味の種が詰まっています。
それをつぶしてしまうか、それとも開花させられるか、それが子どもにとって「学びを楽しくできるかどうか」の秘訣ではないでしょうか。

世田谷区の桜丘で子ども達同士で学びあい、自分に適した学習法を身に付けるお手伝いをさせていただきます。
不登校の子や発達に偏りのある子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
共育学舎BCI ~大人数だと埋もれてしまう子/「育てにくいな」と感じる子の「強み」や「長所」を伸ばすマナビノバ~