宇宙を目指せ!油井亀美也宇宙飛行士講演会

ぴかぴか (新しい)ご訪問いただきありがとうございますぴかぴか (新しい)
クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ

先日の夏本番の陽気とは打って変わり、ここ2、3日はすっきりとしない肌寒い天気が続いていますね。
私が大学時代を過ごした京都をはじめ、全国的に大雨となっているようですのでご注意ください。

———————————————————————————————————————————-

さて、本日油井亀美也宇宙飛行士の講演会に行ってきました。

講演は都立大山高校が主催し、油井飛行士が中高生へ向けてメッセージを贈る形だったのですが、社会人である私にとっても大変学びの多い内容でした。

油井さんが「この部分を特に伝えたい」とおっしゃっていたパワーポイントの内容が非常に素晴らしかったので、以下に記します。

夢を実現する為の秘訣

①夢(目標)を持つ
・まずやりたい事を決める
☆自分の能力で目標を決めない
☆好き=継続できる=才能

②目標に向かって頑張る
☆成果がすぐに出るとは思わない事!
☆迷う時も、立ち止まって考える時もあるが、
基本的には目の前の任務・課題に一生懸命取り組み続ける

③互いに夢を語りサポートしあう

———————————————————————————————————————————-

嫌いな事があったら?

夢に向かう過程で、嫌いなことをしなければならない事も多い

☆嫌いな事を好きになる方法を考えてみよう
「自分が嫌いな事」を好きな人は、なぜ好きなのか?

☆物事を好きになれないのは、無知によるところが大きい!
物事を学び、好きになる事=自ら才能を作り出す事

———————————————————————————————————————————-

上記の内容と重複しますが
「現在の自分の能力で目標を決めるのではなくて、まずやりたいことを決める」
「物理的な限界は、自分が感じているよりだいぶ先にある」
などは、講演を聞きに来ていた中高生に特に響いたのではないかと思います。

中高生にとっては「今後の人生を豊かにするヒント」の詰まった内容ばかりだったので、機会があれば是非直接聞いていただきたいです。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「大人数だと埋もれてしまうけれど、少人数だと光るものがある子」「自分の好きなことを、嬉しそうに話してくれる子」の強みや長所を活かしながら、『文章を読み、理解する力』を身に付けて、土台を築くサポートをしています。
不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
共育学舎BCI ~子どもの「文章を読み、理解する力」を伸ばし、独学できるようにするマナビノバ~

学びのサイクルを回し続ける

ぴかぴか (新しい)ご訪問いただきありがとうございますぴかぴか (新しい)
クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ

昨日、今日は非常に暑かったですねウッシッシ (顔)
梅雨はどこに行ってしまったのでしょうか…

———————————————————————————————————————————-

さて、今回は「学びのサイクルを回し続ける」という内容で書かせていただきます。

私は子ども達に「自立した学習者」になってほしい、と考えています。
そして、それには②~④を子ども自身が回せるようになることが必要である、と思っています。

②興味から「?」が生まれる
③「?」を「!」にする
④「!」から新たな興味が生まれる

上記のサイクルを回し続ければ、子ども達は自ずと学び続けられるようになります。

———————————————————————————————————————————-

では、私が共育学舎BCIを通じてやることは何か?
それは①と③の部分です。

すなわち、
子ども達に色々なボールを投げて、興味の対象を広げる
学びの土台を築いて、子どもが自分自身で「?」を「!」にできるようにする

「答えがない」といわれるこれからの時代に、「興味を持ち、疑問を感じ、解決する力」はマストです。
①と③は、その基礎になると考えています。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「大人数だと埋もれてしまうけれど、少人数だと光るものがある子」「自分の好きなことを、嬉しそうに話してくれる子」の強みや長所を活かしながら、『文章を読み、理解する力』を身に付けて、土台を築くサポートをしています。
不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
共育学舎BCI ~子どもの「文章を読み、理解する力」を伸ばし、独学できるようにするマナビノバ~

好きがいちばんの適性

ぴかぴか (新しい)ご訪問いただきありがとうございますぴかぴか (新しい)
クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ

今日は非常に暑く、着実に夏が一歩一歩近づいているのを感じさせるような陽気でしたねウッシッシ (顔)

———————————————————————————————————————————-

さて、今回は「好きがいちばんの適性」というテーマで書かせていただきます。

昨日、BCIの卒業生が中学3年生に在籍している女子美術大学付属中学高等学校の学校説明会に行ってきました。

共育学舎BCIでは基本的に中学受験をお断りしています。
しかし、彼女の「どうしても女子美に通って、好きな絵を描ける環境で学びたい」という強い決意が伝わったため、彼女と共に頑張ることにしました。
私も手探りでの受験で色々と大変ではありましたが、合格した時の彼女の嬉しそうな表情で全てが吹き飛んだことを今でも覚えています。

女子美に対しては元々「絵を描くのが好きな子にとっては最高の環境」と感じていたのですが、今回改めて「彼女がこの学校で学ぶことができて良かった」と感じました。

———————————————————————————————————————————-

説明会の中で、私が特に感銘を受けた言葉があります。
「中学受験で、どんな子に入学してほしいか」という話題の中での言葉だったのですが、非常に素敵な言葉だったのでご紹介いたします。

 好きがいちばんの適性

私はこの言葉を聞いた時、美術に限らず「好きという気持ちが、全ての原点だな」と感じました。

———————————————————————————————————————————-

「好き」というのは、それ自体が才能である、と私は考えています。

好きだからこそ、楽しさを感じられます。
好きだからこそ、続けられます。
好きだからこそ、他のものとは比にならない程のエネルギーを注げます。
好きだからこそ、壁にぶつかったとしても諦めずに試行錯誤し、その過程で様々な気付きがあり、それを糧に成長できます。

「好き」というのは、非常に大きな可能性を秘めています。

共育学舎BCIも女子美のように、子ども達の「好き」を伸ばし続けられるマナビノバでありたい、そう強く思わせてもらえるような学校説明会でした。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「大人数だと埋もれてしまうけれど、少人数だと光るものがある子」「自分の好きなことを、嬉しそうに話してくれる子」の強みや長所を活かしながら、『文章を読み、理解する力』を身に付けて、土台を築くサポートをしています。
不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
共育学舎BCI ~子どもの「文章を読み、理解する力」を伸ばし、独学できるようにするマナビノバ~