「国語のおもしろさ」に気付かせてくれた恩師

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字が苦手な子のマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

今日は一段と寒さが厳しいですね…
地元の中学校でもインフルエンザが出始めたようなので、早めの対策を心掛けるようにしてくださいねほっとした顔

———————————————————————————————————————————-

さて、先日「収穫祭」に行ってきました。
収穫祭は東京農業大学の学園祭で、私はほぼ毎年行っています。

そこで私が「国語のおもしろさ」に気付くキッカケを与えてくださった恩師に偶然お会いしたので、今回はその方について書かせていただきますね。

———————————————————————————————————————————-

現在では私は「国語(母語)の重要性」を強調していますが、昔から国語が好きだったり、得意だったりしたかというと、そうではありませんでした。

前述の恩師に出会うまでは「国語はなんてつまらない科目なんだ」「なんで国語なんて学ばないといけないんだ」と感じて、国語が嫌いで嫌いで嫌いで仕方ありませんでした。(苦笑)
高校時代に至っては現代文・古文・漢文は「睡眠時間」ととらえて毎回寝ていたため、現代文の先生に教科書の背表紙で叩かれて起こされたこともある程です。

また、「なぜその答えになるのか?」「なぜこの答えではいけないのか?」に対して腑に落ちる答え方をしてもらったことがなかった(と自分自身は思っている)ため、「国語は結局感覚ではないか」と常に不満を抱いていました。

ではなぜおもしろさを感じなかったのか?
それは国語で「なぜその答えになるのか?」を論理的に説明してもらう機会がそれまでなかったからだと思っています。

———————————————————————————————————————————-

前述の恩師の話になりますが、その先生からは答えの選択肢があっていても、間違っていても「なぜそういう答えになったのかを説明して」と常々言われていました。

その先生の授業が始まった当初は国語が苦手だったため、「何となく」で済ませていました。
しかしそれでも「答えの根拠」を質問され続けるため、最初は嫌々ながら「なぜ自分はその答えを選んだのだろう?」「自分が答えを選ぶ際に根拠になった部分はどこだろう」と考えるようになりました。
すると、苦手だったはずの国語でも他の科目のように段々と「答えの根拠」が見つかるようになります。

その後は少しずつ国語への苦手意識がなくなり、最終的にセンター試験の現代文では100点中88点を取ることができました。

———————————————————————————————————————————-

なぜ今回十数年も前のことについて触れたかというと、「この恩師に出会って国語が伸びたことが、私が宅浪でも第1志望の大学に合格できた要因だったのではないか」と感じるからです。

もちろん十数年前のことを正しく分析することはできませんし、「国語(母語)が大切である」というバイアスがかかっていることも重々承知しています。

それでも、この恩師との出会いがなければ「和田秀樹さんの本を読み漁って、自分自身で受験計画をたてること」も「参考書を読んで、自分だけで理解すること」も「問題集の解答を読んで、自分だけで納得すること」もできなかったのではないかと、感じるのです。
仮にできていたとしても、理解度では雲泥の差があったと思います。

私にとって「国語ができるようになる」というのはそれほど大きな意味を持つことでした。

———————————————————————————————————————————-

「グローバル化だ」「プログラミングだ」と言われ新たな教育手段が求められる時代ではありますが、そういう時代だからこそ私は「国語(母語)の重要性を見直すべきではないか」と考えています。

また、私が「国語のおもしろさ」を知れたように、子ども達が「学ぶって楽しいことなんだ!」と感じられるような関わり方をできる人間でいようと、このブログを書きながら改めて感じました。

最後までお読みいただき、ありがとうございますクローバー

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で活字が苦手な子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)
その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです🎵また、不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
資料請求はコチラから

夏休みに始めよう!学びの土台作り♫

ぴかぴか (新しい)ご訪問いただきありがとうございますぴかぴか (新しい)
クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ

暑さの厳しい日が続いていますね。
明日以降も猛暑日が続くようですので、水分・塩分補給をしっかりとし、熱中症等にはくれぐれもお気を付けください。

また、西日本豪雨によって亡くなった方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された方々にとっての日常が一日も早く戻ることを願っております。

———————————————————————————————————————————-

さて、世田谷区の小中学校では来週7月20日(金)が終業式ですね。

夏休みはまとまった時間があり、子ども達の「好き」を伸ばすには絶好の機会です。
国立科学博物館で行われる特別展「昆虫」を始め、金井宇宙飛行士の長期滞在ミッション報告会など、子ども達の知的好奇心を刺激してくれるイベントも盛りだくさんなので、是非この機会にしかできないことに挑戦してみてくださいね♫

また、今までの学びを見直す良い機会でもあります。
これまで「学びの土台を築かずにきてしまった」と感じているお母さん/お父さんは、この機会に「学びの土台」を築き始めませんか?
共育学舎BCIでは無料体験を行っているので、興味のある方は是非ご連絡くださいね。
資料を請求する

———————————————————————————————————————————-

ただ、「学びの土台って、なんぞや??」という方もいらっしゃると思います。
イメージがわきずらい方は、以下にBCIが考える「学びの土台」と、BCIが「行うこと」についてまとめていますので、無料体験を検討する際の参考にしてくださいね。

———————————————————————————————————————————-

また、最後に少しだけ「なぜBCIが下記のことを行うのか」について補足させていただきます。

子どもの興味の対象を広げる
→ 興味の対象を広げられれば、今は気付いていないかもしれない「自分の興味」が見つかったり、「自分が輝けるフィールド」が見つかるかもしれない。

「文章を読み、理解する力」を身に付けて学びの土台を築き、自分でどんどん学べる
→ 自分でどんどん学べるようになれば子どもにとって学びは楽しいものになり、どんなに変化が激しい時代でも自分に必要なものを見つけて学び続けられる。

語彙を増やしながら、言葉を「思考の道具」として自在に操れるようにし、自分なりの答えを導き出せる
→「答えがない」と言われるこれからの時代に、自分なりの答えを導き出せるというのは必要不可欠になる。

私は「子ども達と関わる以上、これらは大切にしたい」と考えています。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「大人数だと埋もれてしまうけれど、少人数だと光るものがある子」「自分の好きなことを、嬉しそうに話してくれる子」の強みや長所を活かしながら、『文章を読み、理解する力』を身に付けて、土台を築くサポートをしています。
不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
共育学舎BCI ~子どもの「文章を読み、理解する力」を伸ばし、独学できるようにするマナビノバ~

5/24(木)〜5/30(水)の日程について

ぴかぴか (新しい)ご訪問いただきありがとうございますぴかぴか (新しい)
クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ

本日24日(木)〜30日(水)まで遅めのゴールデンウィーク休みをいただいております。
何かございましたら、info@kyouikugakusha-bci.comまでご連絡ください。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「大人数だと埋もれてしまう子」の強みや長所を活かしながら、Learning to Learn(学ぶための学び方)を身に付けるサポートをしています。(特に、「文章を読み、理解する力を養うこと」を重視しています)
不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
共育学舎BCI ~子どもの「文章を読み、理解する力」を伸ばし、独学できるようにするマナビノバ~

九品仏 浄真寺

ぴかぴか (新しい)ご訪問いただきありがとうございますぴかぴか (新しい)
クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ

先週の真夏を思わせるような暑さも和らぎ、今週は過ごしやすい天気ですねわーい (嬉しい顔)

———————————————————————————————————————————-

さて、先日九品仏にある浄真寺に行ってきました。

以前から気になっていたのですが、なかなかタイミング合わずこの機会になってしまいましたが、「もっと早く行くべきだった!」と思える程素敵なお寺でした。

———————————————————————————————————————————-

私は神社やお寺の敷地に足を踏み入れた時の「厳かな空気感」が非常に好きで、大学時代を過ごした京都でもよく寺社仏閣巡りをしていました。

東京に戻ってからはなかなかその空気感を感じられる神社やお寺に出会うことができていなかったのですが、今回ようやく巡り合えたように感じます。

———————————————————————————————————————————-

私は、神社やお寺には「特別な時間」が流れている、と思っています。
時にはそういった空間で自分自身をリフレッシュし、自分自身を調整することも必要だと、浄真寺で改めて感じました。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「大人数だと埋もれてしまう子」の強みや長所を活かしながら、Learning to Learn(学ぶための学び方)を身に付けるサポートをしています。(特に、「文章を読み、理解する力を養うこと」を重視しています)
不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
共育学舎BCI ~子どもの「文章を読み、理解する力」を伸ばし、独学できるようにするマナビノバ~

ゴールデンウィークの日程について

ぴかぴか (新しい)ご訪問いただきありがとうございますぴかぴか (新しい)
クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ

ここ数日は夏を思わせるような気候が続いていますね。
身体がまだ十分に暑さに慣れていない時期でもあると思いますので、こまめに水分補給をするなど熱中症にはくれぐれも気をつけてくださいねわーい (嬉しい顔)

———————————————————————————————————————————-

さて、世間はゴールデンウィークですが、桜丘中学校の中間テストが近いため、下記の日程で共育学舎BCIは通常通り開いております。

5月1日(火) 16時30分~
5月2日(水) 16時30分~
5月3日(木) 16時30分~
5月4日(金) 未定
5月5日(土) 未定

「せっかくのゴールデンウィークなのに…」という思いはあると思いますが、「勉強時間を十分に確保できる」という利点に目を向けて頑張りましょう。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「大人数だと埋もれてしまう子」の強みや長所を活かしながら、Learning to Learn(学ぶための学び方)を身に付けるサポートをしています。(特に、「文章を読み、理解する力を養うこと」を重視しています)
不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
共育学舎BCI ~子どもの「文章を読み、理解する力」を伸ばし、独学できるようにするマナビノバ

「はじき」「くもわ」から思うこと

ぴかぴか (新しい)ご訪問いただきありがとうございますぴかぴか (新しい)
クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ

ここ数日は暖かい日々が続き、過ごしやすいですねわーい (嬉しい顔)
寒いのが苦手な私としては、このまま暖かい陽気が続いてほしいです。

———————————————————————————————————————————-

さて、突然ですが「はじき」「くもわ」という言葉を聞いたことはありますか?
小学校高学年以上のお子さんがいる方は聞いた事があるかもしれないですが、これらは「速さ」「割合」を求めるための図で、それぞれに数字をあてはめると簡単に答えが求められるようになっています。(例えば、時速10kmで走る人がいて、その人が3時間で走る距離を求めるには、「はじき」に当てはめて10×3=30kmのような要領です)

2018.4.6 日本の算数・数学 大丈夫_01
東京新聞の2018年4月6日の記事によると、今この「はじき」「くもわ」が物議を醸しているそうです。
きっかけはある塾の先生が「これらこそが、子どもをダメにする要因の一つ」とツイートした事。
それに対して「この図に何度も助けられた」といった反対意見、「中学に行ったときにすぐにつまずく」といった賛成意見などの様々な意見がでたそうです。

———————————————————————————————————————————-

「速さ」や「割合」は抽象度が高く、子ども達が躓きやすい単元なので、私も毎年「どう教えるべきか」を非常に悩みます。
特に、算数や数学が苦手な子に教える場合、「はじきのように当てはめるだけの図を教えた方が良いのではないか」とブラック小杉に屈しそうになります。笑

それでも「いやいや、概念を理解せずにただ計算できるようにさせることが、自分のやるべきことだろうか」とホワイト小杉の意見が最終的には勝るわけですが、これは算数や数学の話にとどまらず「子どもにどう育ってほしいか」が問われているのだと私は思います。

———————————————————————————————————————————-

私は「子どもが自立して学べるようになること」が教育の目標だと思っています。
そして、それを実現するために「各科目ごとの目標」が設定され(マクロな視点)、さらにその目標を達成するために「各科目ごとに単元」がある(ミクロな視点)、と考えています。

今回のケースで言えば、「はじき」や「くもわ」を教えて速さや割合の問題を解けるようにすることがミクロな視点、速さや割合を通じて算数に必要な力を身に付けることがマクロな視点と言えます。

学校では単元ごとになかなか意識しづらいかもしれませんが、本来大人が持つべき視点は「マクロな視点」だと私は考えています。
すわなち、「その教科を学び、どんなことを身に付けてほしいか」という視点です。

この視点から今回の件を考えると、私は「概念を理解してから、『はじき』や『くもわ』といった図を利用する」という手順が最適ではないかと思います。

「何のために学ぶのか」、今回改めて考える良い機会になりました。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「大人数だと埋もれてしまう子」や「育てにくいな」と感じる子の強みや長所を活かしながら、Learning to Learn(学ぶための学び方)を身に付けるサポートをしています。(特に、「文章を読み、理解する力を養うこと」を重視しています)
不登校の子や発達に偏りのある子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
共育学舎BCI ~大人数だと埋もれてしまう子/「育てにくいな」と感じる子の「強み」や「長所」を伸ばすマナビノバ~

Japanese wants to be perfect.

ぴかぴか (新しい)ご訪問いただきありがとうございますぴかぴか (新しい)
クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ

台風一過で暖かくなったかと思えば、今日はまた気温が上がらず寒い、といった不安定な天候が続いていますね。
週末には再び台風が上陸する可能性があるようですので、くれぐれも気を付けてくださいねわーい (嬉しい顔)

———————————————————————————————————————————-

さて、先日多摩大学目黒高等学校の学校説明会に伺ってきました。

多摩大目黒には2名の常勤のネイティブ教員がいて、毎年学校説明会でスピーチをしてくださいます。
今年も例年通りしてくださったのですが、彼らの言葉の中にとても印象的なものがありました。

「Japanese wants to be perfect.」

私はこの言葉を聞いた時、「失敗/✖がつくことを極端に嫌がる子ども達の姿」を思い出しました。

———————————————————————————————————————————-

日本では「〇✖(「100点が良くて、0点が良くない」とされる考え方、とも言えるかもしれません)」を軸にした教育システムなので、子ども達が失敗を恐れるのはある程度仕方がないことだと思います。

しかし、「失敗は成功のもと」という慣用句があるように、成長には失敗がつきものです。
「失敗しないこと」「✖がつかないこと」で傷付かずに済むかもしれませんが、それは現状維持でしたかありません。(長い目で見ると「衰退」かもしれませんね)

また、子どもの時にあまり失敗をせずに大人になると、失敗への耐性がつかずに、失敗ごとのダメージが大きくなるように感じます。

加えて、これからの社会は今までのように正解がある社会ではありません。
すなわち、それはある人にとっては「失敗」や「✖」であっても、ある人にとっては「成功」や「〇」になる、ということです。
そういう意味では「自分なりの正解」が非常に重要になります。

———————————————————————————————————————————-

子どもの時は、失敗が許される時期です。
私は、その時の失敗が人生を豊かにすると考えています。

そして、上記のことも踏まえて私は子ども達に「失敗しながら、自分なりの正解を作れる人間になってほしい」と思っています。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「大人数だと埋もれてしまう子」や「育てにくいな」と感じる子の強みや長所を活かしながら、Learning to Learn(学ぶための学び方)を身に付けるサポートをしています。(特に、「読む力を養うこと」を重視しています)
不登校の子や発達に偏りのある子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
共育学舎BCI ~大人数だと埋もれてしまう子/「育てにくいな」と感じる子の「強み」や「長所」を伸ばすマナビノバ~

共育学舎BCIチラシ

ぴかぴか (新しい)ご訪問いただきありがとうございますぴかぴか (新しい)
クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ

暑くなったり、寒くなったりと、気温の安定しない日が続きますね。
明日からは再び寒くなるようですので、体調の管理には気を付けてくださいねわーい (嬉しい顔)

———————————————————————————————————————————-

さて、今日(10月12、13日)のリビング新聞東京西に共育学舎BCIのチラシを入れています。

共育学舎BCIチラシ(2017.10.14)_01
共育学舎BCIチラシ(2017.10.14)_02
文字数が多いですが、「塾を始めた想い」や「どんな塾か」「マナビメイトになりたい子」などを詳しく書いていますので、もし手にした方は是非読んでみてください♫
また、裏面には「子どもには時間的な空白が必要である」というミニコラムを書いていますので、塾をまだお探しでない方も是非そこだけは読んでいただきたいです!

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「大人数だと埋もれてしまう子」や「育てにくいな」と感じる子の強みや長所を活かしながら、Learning to Learn(学ぶための学び方)を身に付けるサポートをしています。
不登校の子や発達に偏りのある子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
共育学舎BCI ~大人数だと埋もれてしまう子/「育てにくいな」と感じる子の「強み」や「長所」を伸ばすマナビノバ~

言葉はギフト

ぴかぴか (新しい)ご訪問いただきありがとうございますぴかぴか (新しい)
クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ

連日の真夏日で、体力的に厳しい季節が続いています。
何もしていなくても体から水分やミネラル分が失われやすい時期ですので、「ミネラル分を含んだ飲み物」を飲むように心がけてくださいね。(水分だけ取っていても、熱中症になってしまいます)

また、子どもの夏風邪も増えているようですので、くれぐれも気を付けてくださいねわーい (嬉しい顔)

———————————————————————————————————————————-

さて、今回は「言葉はギフト」という内容でブログを書いていきます。

最近、共育学舎BCIでは子ども達に新聞のコラムを音読してもらっています。

新聞を購読する家庭が減り、さらにLINEやSNSなどの短い文章でのコミュニケーションツールが普及している昨今、「良質な活字に触れる」「新聞を通じて世の中の出来事に少しでも興味を持つ」という意味で、新聞の音読は子ども達にとって非常に重要な学びだと思っています。

———————————————————————————————————————————-

子ども達が音読するのを聞いていて、私は子ども達の「語彙が少ないこと(特に、漢字を知らない)」、そして「言葉を塊でとらえるのが苦手なこと」に非常に驚いてしまいました。

ある程度は予想していたのですが、私が思っていた以上に音読できない状況を目の当たりすると、「授業が分からない(≒先生の言っていることが理解できない)」「問題文が理解できない」ということにも納得がいきました。

当然といえば当然ですが、定期的に活字を読む子と読まない子ではやはり音読スピードも、知っている言葉の量も全く違っていました
そして、「この差が確実に理解力の差につながっているのだろうな」と感じざるを得ませんでした。

———————————————————————————————————————————-

私たち人間が生活する上で必要不可欠な会話はもちろん、自分自身とのセルフトークでも言葉を介します。

語彙が豊富な人は自分自身の考えを適切に表現できますし、自分自身を勇気づける/鼓舞する言葉を多く持ち合わせています。
すなわち、豊富な語彙は「自分を守るための武器」になります。

その点からも、私は人間にとって「言葉はギフト」なのだと思います。

———————————————————————————————————————————-

子どもは周りの環境から言葉を学んでいきます。
そのため「周りの大人がどんな言葉を使っているか」は、子どもの語彙力に大きく影響します。

周りにいる大人が良い言葉を使ったり、豊富な語彙を身につけていれば、子どもにとって「自分を守るための武器」をより多く持てる可能性が高まります。

その点からも、年齢に関わらず大人も絶えず学び続けることが大切なのだと感じます。

———————————————————————————————————————————-

言葉を身に付ける上で、私は「対話」や、新聞/本などの「良質な活字」を大切にしたい、と思っています。

「言葉が思考を作る」という言葉があるように、良い言葉は良い思考を作る、豊富な語彙力は豊かな人間性につながる、と私は考えています。

そのためにも、共育学舎BCIに来てくれる子ども達には良い言葉を浴びせたいです。
それには、私も子ども達と共に学び続けないといけないですし、共に学び続けたい、と思います。

それが私にとって「学ぶこと」の原動力です。

———————————————————————————————————————————-

言葉を身に付ける作業は非常に時間がかかります。

それでも、子ども達には1つずつでも言葉を増やしてほしいです。
そして、その助けになるような関わり方をできるようにしていこう、と思っています。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「大人数だと埋もれてしまう子」や「育てにくいな」と感じる子の強みや長所を活かしながら、Learning to Learn(学ぶための学び方)を身に付けるサポートをしています。
不登校の子や発達に偏りのある子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
共育学舎BCI ~大人数だと埋もれてしまう子/「育てにくいな」と感じる子の「強み」や「長所」を伸ばすマナビノバ~

失敗しない人間ではなく、失敗を活かせる人間に

ぴかぴか (新しい)ご訪問いただきありがとうございますぴかぴか (新しい)
クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ

昨日は急に暑くなり、夏本番のような陽気でしたね。
今日、明日は台風3号の影響で天気が荒れるようですので、お出かけの際はくれぐれも気を付けてくださいねわーい (嬉しい顔)

———————————————————————————————————————————-

さて、桜丘中、用賀中ともに期末テストが終わり、結果が返ってきはじめました。
自己最高を更新した子もいれば、なかなか点が伸びきらなかった子、様々な子がいます。

そんな中、中2の女の子と「失敗」について話す機会がありました。
彼女はバトントワリングをしていて、今回はテストの3日前に大会があり、点数が伸び切らない子の一人でした。
また、前述の大会でも思ったような結果が出ず、「勉強時間を割いてまで大会に向けて練習していたのに…」という思いも持っていました。

もちろん彼女の中で「今回は勉強もバトンも失敗した」という思いがあったと思います。
それは彼女の言葉の端々から伝わってきました。
そんな彼女の思いを理解しつつ、私は「大切なのはここからどう行動するかだよ」ということを伝えました。

人間、挑戦する限り必ず失敗はつきものだと思います。
それを失敗のままにしてしまうか、成功への糧にするかは「その後の行動次第」です。

「立ち止まらなければ、失敗を活かす道がある」ということを、子ども達には体現していってもらいたいです。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「大人数だと埋もれてしまう子」や「育てにくいな」と感じる子の強みや長所を活かしながら、Learning to Learn(学ぶための学び方)を身に付けるサポートをしています。
不登校の子や発達に偏りのある子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
共育学舎BCI ~大人数だと埋もれてしまう子/「育てにくいな」と感じる子の「強み」や「長所」を伸ばすマナビノバ~