本や新聞を「身近なもの」にするために

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)

今日は寒さが体に堪えますね。
寒暖差により体への負担が大きいことに加え、世界的に新型コロナウイルスによる肺炎が流行しておいます。
うがい・手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

さて今回は「本や新聞を子ども達に『身近なもの』にするために」という内容で書かせていただきます。

私は「本や新聞を読むことが非常に大切である」と思っています。
本や新聞を読むことで、どの教科でも必須となる「文章量に耐えうるだけの基礎体力」が身に付きます。
さらに「(ある程度)文章に書いてある内容を理解できる」ようになります。

そのため私自身が東京新聞を購読していますし、塾にはマンガ、本はもちろん「中日こどもウィークリー」と「朝日中高生新聞」を置いています。

しかしこのように活字を読める環境を整えても、本や新聞を読まない子は一定数います。
そして以前は「なんで読まないんだよ…」と正直思っていました。

———————————————————————————————————————————

ただ彼らの話を聞いていて、気付くことがありました。
それは、そもそも家に本や新聞がなかったり、親御さんに読書習慣がない場合が多く、彼らにとって本や新聞が身近なものになっていない、ということでした。
子どもによっては、本や新聞が存在することさえ知らないのではないか、と感じたこともあります。
そしてそのような子達に「本や新聞を読もう」と言うだけでは、決して読みません。

しかし子ども達の学力を伸ばす上で、本や新聞を読むことは必要不可欠です。
そこで「本や新聞を何とか身近な存在にできないものか」と感じ、誕生日に日頃の感謝も込めて本をプレゼントするようにしました。(「本をプレゼントする」というアイディア自体は、私が両親からしてもらってきたことを行っているだけです)
また毎授業ごとに新聞の音読&要約をしてもらうようにしました。

すると徐々にではありますが、本や新聞を読むようになってくれました。(「徐々に」は年単位だと認識していただくと、宜しいかと思います)
おそらく「本や新聞は知的好奇心を満たしてくれる」と気付くのではないか、と思います。

もちろん全ての子が、本や新聞を読むようになってくれるわけではありません。
しかし私が塾で彼らに本や新聞を紹介すれば、彼らの中に「本や新聞というものが存在する」ということは残ります。

———————————————————————————————————————————

読まない子に対して 「なんで読まないんだよ」と嘆くのは簡単です。
しかし自分にとって身近ではない本や新聞を読むのは、やはり大変です。
大人でもそうですよね?

ただ工夫をすれば、今まで本や新聞を読まなかった子でも読むようになる、と私は今までの経験から感じています。

「図書館や本屋に連れていく」「本や新聞を一緒に読む」「おもしろさを伝える」「本をプレゼントする」などがその一例です。
そしてそれにより、まずは本や新聞を子ども達にとって「身近なもの」にすることが大切である、と思っています。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

新聞を使って、学びを広げる/深める①

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)

今日は少し肌寒い一日となりましたね。
インフルエンザはもちろん、世界的に新型コロナウイルスによる肺炎が流行しておりますので、うがい・手洗いなどをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

さて、先日の東京新聞に「排外」「ポピュリズム」「ファシズム」と、子ども達に知ってほしい言葉の載った記事があったため、プリントを自作しました。

手順は
① 1枚目の写真の記事を読む
② 「排外」について調べる
③ (「差別」を自分事として捉え、自分事として考えてほしかったため)以下の「ヘイトスピーチ」「相模原事件」の記事を読む

④ ③を踏まえた上で、「差別」を自分の言葉で説明する
⑤ 「ヘイトスピーチ」について調べ、自分の言葉でまとめる
⑥ 自分の中に「差別意識があるか」を考え、理由を述べる
⑦ どうすれば差別やヘイトスピーチ、偏見を減らせるかを考える
⑧ 「ポピュリズム」についての記事を読み、自分の言葉でまとめる
⑨ 「右翼」「左翼」について調べ、特徴をまとめる
⑩ 「ファシズム」についての記事を読み、自分の言葉でまとめる
⑪ 憎しみや分断をどうすれば乗り越えられるかを考える
という流れで進めました。

———————————————————————————————————————————

私は、学びを日常化するには「子ども達が様々な出来事を自分事として捉え、自分なりに考えること」が大切だと感じています。
そして、それには新聞や本が役立ちます。

教科書に限らず、子ども達には様々なことに興味を持ってほしいため、これからも新聞記事や本を使った学びを続けていこうと思います。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

音読のススメ

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)

今日は曇り予報でしたが、晴れましたね晴れ
ただ夕方以降は気圧が下がっているように感じますので、片頭痛をお持ちの方は気をつけてくださいね。

———————————————————————————————————————————

さて、今回は「音読のススメ」という内容で書かせていただきます。

本題に入る前に少し私が主宰する『共育学舎BCI』についてお話させていただきます。
共育学舎BCIでは、「活字を読む習慣がなく、勉強が苦手な子」を対象としています。
そのため、基本的には勉強があまり得意でない子が通ってくれることが多いです。

勉強が苦手な子達を観ていると、ある共通点に気が付きます。
それは「そもそも文章を読むこと自体に苦労する」という点です。
もともと活字を読む習慣のない子を対象としているため仕方ない部分ではあるのですが、それを加味しても「読むことへの抵抗感を示す子が多い」と感じます。
そしてもちろんこの状態では、どうしても子ども達の伸び率は小さくなってしまいます。

———————————————————————————————————————————

では、どうすれば読むことへの抵抗感を減らせるでしょうか?

そこで私がオススメしているのが「音読」です。
音読は小学校低学年の頃だと宿題に出ると思いますが、小学校高学年、さらには中学生でも役立つ学習法です。

音読をする際、声を出して読む前に一度必ず黙読の状態が生まれます
それを毎日続けることで、少しずつ読むことへの抵抗感を小さくすることができます。
また黙読だと実際は読めていなくても誤魔化せてしまいますが、音読では「読めない漢字や知らない言葉があるか」「文節を意識できているか」等を可視化できます。

私は子ども達に新聞の音読&要約をしてもらっていますが、教材は教科書や本でも構いません。
新聞を音読&要約する際の手順は下記の写真、もしくはリンク先のPDFをご参考になさってくさい。

[音読&要約の手順]

PDF版:新聞の音読&要約の手順

———————————————————————————————————————————

昨年一年間新聞音読&要約を続けてみて感じるメリット、デメリットについて書いていきます。

[メリット]
・読むことに慣れられる
・新聞の内容を理解できるようになる
・(読むこと自体への抵抗感が和らぐ影響か)本や新聞を読むようになる
・様々なニュースに興味を持つようになる

[デメリット]
・時間がかかる
・音読を聞いてもらう人が必要になる

もちろんデメリットもありますが、それをはるかに上回るメリットがあります。

———————————————————————————————————————————

繰り返しになりますが、音読は学年が上がっても非常に効果的な学習法です。
そして学ぶための土台を作るのに最適な学習法であると、私は考えています。

「文章を読み、理解する」という学びの土台を築くために、是非継続してください♫

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

本や新聞を読む意義

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

今日は少し肌寒いですが、すっきりとした青空ですね♫
ただ午後からは雨が降るようですので、折り畳み傘を持つようにしてくださいね!

———————————————————————————————————————————-

さて今回は「本/新聞を読む意義」について書かせていただきます。

私は子ども達に本/新聞を読むように薦めています。
それは、本/新聞を読むことで私が重視している『学びの土台』を築ける、と考えているからです。(特に、『文章を読み、理解する力』と『思考の道具』としての言語、の部分)

ただ子ども達に「本/新聞を読みましょう!」と言っても読まないことは火を見るよりも明らかなので…(笑)、共育学舎BCIでは毎回新聞の音読&要約を行い、子ども達の本/新聞への抵抗感をできる限り小さくするよう心掛けています。

↓『学びの土台』については下記をご参照ください。↓
「塾に依存し続けない学び方」を考える①
「塾に依存し続けない学び方」を考える② ~「塾=万能」の弊害~
「塾に依存し続けない学び方」を考える③ ~「塾に依存し続けない学び方」の軸~
「塾に依存し続けない学び方」を考える④ ~『学びの土台』とは~
「塾に依存し続けない学び方」を考える⑤ ~「読む」と「読める」の違いとは~
「塾に依存し続けない学び方」を考える⑥ ~『学びの土台』がある子とない子の伸び方~
「塾に依存し続けない学び方」を考える⑦ ~なぜ『学びの土台』なのか~
「塾に依存し続けない学び方」を考える⑧ ~「好き」を学びに活かす~

———————————————————————————————————————————-

もともとは上記のように『学びの土台』作りを目的に始めた新聞音読&要約ですが、最近もう1つ大きな意義があるのではないかと感じるようになりました。

それは、子ども達が普段馴染みのない社会問題を知ることができ、さらにそれについて考える「時間的空白」を持てることです。
そしてそれにより、子ども達がそれまでは他人事だった様々な社会問題を「自分事」として捉えられるようになると感じています。

これは本でも同様のことが言えます。

———————————————————————————————————————————-

もちろん社会問題はテレビでも知ることができます。
しかしテレビの性格上、考えるための「時間的空白」を持つというのはなかなか難しいのではないでしょうか?

それを踏まえると、知るだけに留まらず「自分なりに考える時間も確保できる」のは、本/新聞の大きなメリットだと感じます。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)
その中でも特に「自分が好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです♫
また、不登校の子も大歓迎です。

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから