比較対象は「過去の自分」

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

ここ最近は天気の良い日と悪い日が交互にやってきますね。
それに伴い気温も乱高下していて、体調を崩しやすい時期でもありますので、風邪を引かないように気を付けてくださいねわーい (嬉しい顔)

———————————————————————————————————————————

さて、私の母校であり、最近TwitterやFacebook上で何かとバズっている「桜丘中学校」では先々週学期末テストが終わり、今週全教科の結果が返ってきました。

そんな中、学期末テスト前に無料体験に来だし、テスト後に入舎してくれた新中3の男の子が昨日、「前回のテストから点数が上がったんです!」とうれしそうに伝えてくれました。
彼はもともと勉強が得意ではなく、無料体験に来た当初はしきりに「自分、バカなんで」と言うような子でした。

その彼が「やったらできるんだ!」と実感してくれた様子に、私も非常にうれしくなり、「この仕事をしていて良かった」と感じました。

———————————————————————————————————————————

テスト結果が返ってくるとついつい「他人と比較」してしまいがちですが、大切なのは「過去の自分との比較」です。

今回の彼の件であれば、「テスト前の勉強時間を増やす」「勉強法を変える」など新たな行動を起こして「過去の自分自身」を越え、さらにそれが結果にも結び付いた事実を自分自身で認めることが何よりも大切です。
これらの小さな積み重ねが子ども達の「自信」になり、「もうちょっとガンバってみよう」と思える活力になります。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘で活字が苦手な子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)
その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです♫
また、不登校の子も大歓迎です。

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求はコチラから

2学期期末テストを終えて

ぴかぴか (新しい)ご訪問いただきありがとうございますぴかぴか (新しい)
クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ

昨日までの暖かさが嘘のように、今日は寒い一日となりましたね。
寒さが厳しくなり、体調を崩しやすい時期ですので、くれぐれも気を付けてくださいねわーい (嬉しい顔)

———————————————————————————————————————————-

さて、BCIに通ってくれている大半の子が通う桜丘中学校では、先週2学期の期末テストを終わりました。

都立高校では、2学期の内申点+当日のテストの点数で合否が決まるため、非常に重要なテストだったのですが、中3はみな自己最高点でした。
全員5科で30点、9科だと50点以上は上がっていたので、各々が工夫し、自分に合った勉強法を見つけられた結果だと思うので非常に頼もしく感じました。

———————————————————————————————————————————-

私は普段から「できる限り教えない」ということを非常に重視しています。
それは「悩み/迷いながらも、自分なりの勉強法を確立してほしい」と考えているからです。

大人が何から何まで教えることは非常に楽ですが、そうすると子ども達はいつまで経っても自立できるようにはなりません。
私が彼ら/彼女らを支えられる期間はそれでも良いかもしれませんが、子ども達はいずれ社会に出て、自分で道を切り開かなくてはなりません。
そして、それには「子ども達にできる限り任せて、じっと待つ」ということが必要不可欠です。

上記のように考えて、私は今まで子ども達にできる限り任せてきました。
今回のように結果が求められる場面で、今までの失敗/成功を活かせる状態に達してくれたことは非常にうれしく感じます。

———————————————————————————————————————————-

「点数が目的化してほしくない」という理由から、普段は極力点数で一喜一憂しないようにしているのですが、やはり子ども達のガンバリが実を結んでくれるのは何よりの喜びです。

そして、今回の結果を踏まえて自分の中で「今後どういう方向へ進んだら良いのか」もはっきりしたように感じます。
これも子ども達がいてくれたからこそ気付けたことなので、子ども達には感謝しかありません。

受験本番に向けて、また一歩一歩進もうと思います。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「大人数だと埋もれてしまう子」や「育てにくいな」と感じる子の強みや長所を活かしながら、Learning to Learn(学ぶための学び方)を身に付けるサポートをしています。(特に、「読み、理解する力を養うこと」を重視しています)
不登校の子や発達に偏りのある子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
共育学舎BCI ~大人数だと埋もれてしまう子/「育てにくいな」と感じる子の「強み」や「長所」を伸ばすマナビノバ~