6月22日(月)より通常の日程に戻ります。

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)
今日は梅雨時らしい雨模様ですね雨

緊急事態宣言が取り下げられたとはいえ、依然として新型コロナウイルスにかかるリスクがあります。
(1)密閉空間であり、換気が悪い (2)近距離での会話や発声がある (3)手の届く距離に多くの人がいるの3条件がそろうと、集団感染が起きやすくなるそうですので、こういった場面や場所を避けるように心がけてください。
またうがい、手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

さて、世田谷区では本日から給食が再開し、休校措置以前の状態に戻りました。
それにともない共育学舎BCIも、通常の16:30~21:00で塾を開けます。

また学校が再開し、「学習についていけなかったらどうしよう」と不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。
BCIでは無料体験も行っておりますので、興味をお持ちの方は是非ご連絡ください。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラ

また私が塾で行っている「新聞音読&要約」を紹介する動画をアップいたしましたので、ご活用ください。

勉強は質?量?正しくは〇〇

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)
ここ最近は夏を思わせる暑さが続いていますね晴れ

気持ちの良い天気が続き外出したくなりますが、緊急事態宣言が取り下げられたとはいえ、依然として新型コロナウイルスにかかるリスクがあります。
(1)密閉空間であり、換気が悪い (2)近距離での会話や発声がある (3)手の届く距離に多くの人がいるの3条件がそろうと、集団感染が起きやすくなるそうですので、こういった場面や場所を避けるように心がけてください。
またうがい、手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

さて、今回は「質?量?正しくは〇〇」という内容で書かせていただきます。

子ども達と勉強について話していると、「大事なのは質ですか、それとも量ですか」と尋ねられることがあります。
確かにこれらは一見対立した概念に見えますよね。

しかし実を言うと、質と量は「対立した概念ではありません」
大切なことなのでもう一度言いますが、質と量は「対立した概念ではありません」
この事実はは見落としがちですが、非常に重要ですので、必ず覚えておいてください。

では、質と量の関係をどのように考えれば良いのでしょうか?
私は「質を意識しながら、量をこなす」ことが大切であると考えています。

———————————————————————————————————————————

質と量を、車の両輪に置き換えて考えてみましょう。

もし車の一方のタイヤが一般車両用、もう一方のタイヤがトラック用だったら、どうなるでしょうか?
車はうまく進みませんよね。
最悪の場合、事故をおこすかもしれません。

勉強も、車の場合と同じです。
質ばかり重視すると定着させるのに必要な量を確保できませんし、量ばかり追えば「ただやる」だけの作業になるおそれがあります。
両輪のバランスがとれて初めて、学習内容を身に付けることができます。

繰り返しになりますが、質と量は対立する概念ではありません。
大切なのは「質を意識しながら、量をこなすこと」です。
これを忘れてしまうと、「やり方は合っているはずなのに伸びない」「こんなにやっているのに身に付かない」のどちらに陥りやすくなります。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラ

また私が塾で行っている「新聞音読&要約」を紹介する動画をアップいたしましたので、ご活用ください。

6月1日からの日程について

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)
今日はどんより雨模様でしたね雨

また緊急事態宣言が取り下げられたとはいえ、依然として新型コロナウイルスにかかるリスクがあります。
(1)密閉空間であり、換気が悪い (2)近距離での会話や発声がある (3)手の届く距離に多くの人がいるの3条件がそろうと、集団感染が起きやすくなるそうですので、こういった場面や場所を避けるように心がけてください。
またうがい、手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

さて、世田谷区では本日から分散登校が始まりました。
久しぶりに友達にあるということで、心を躍らせながら学校に行った子が多いのではないかと思います。

分散登校は午前中で終わるため、共育学舎BCIでは5月までと同様
9:30~13:15
14:45~18:30
の時間で塾を開けます。

3カ月ぶりの学校ということで、「学習についていけるだろうか」と不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。
BCIでは無料体験も行っておりますので、興味をお持ちの方は是非ご連絡ください。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラ

また私が塾で行っている「新聞音読&要約」を紹介する動画をアップいたしましたので、ご活用ください。

塾を再開いたします。

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)
今日はすっきりとした青空が広がり、初夏のような陽気でしたね晴れ

そんな天気とは裏腹に、新型コロナウイルスが猛威をふるっております。
(1)密閉空間であり、換気が悪い (2)近距離での会話や発声がある (3)手の届く距離に多くの人がいるの3条件がそろうと、集団感染が起きやすくなるそうですので、こういった場面や場所を避けるように心がけてください。
またうがい、手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

さて共育学舎BCIでは、本日13日(水)より塾を再開いたしました。
もともと緊急事態宣言を受けた東京都の休業要請の対象外であったことに加え、子ども達の精神面についても不安であったため、それらを考慮し再開することといたしました。

再開するにあたり、可能な限り感染リスクを低減できる対応をしようと思っております。
そのため「塾に来たら、体温を測る」「消毒用アルコール/手洗いをしてから学習を始める」「マスクを着用する」「子ども同士の距離を開ける」「使用後は机を消毒する」等の対策を講じて、学習をサポートしてまいります。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラ

また私が塾で行っている「新聞音読&要約」を紹介する動画をアップいたしましたので、ご活用ください。

休校中の学び方 -小学生新聞/中高生新聞を購読する-

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)
昨日が暖かかった分、今日は少し肌寒く感じますね。

また全国的に、新型コロナウイルスが猛威をふるっております。
(1)密閉空間であり、換気が悪い (2)近距離での会話や発声がある (3)手の届く距離に多くの人がいるの3条件がそろうと、集団感染が起きやすくなるそうですので、こういった場面や場所を避けるように心がけてください。
うがい、手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

 

  1. 新聞購読について
    みなさんは新聞を購読されていますか?

    新聞購読率の低下が叫ばれて久しい昨今、新聞を購読しているご家庭はあまりないかもしれませんね。

    私は「学習する上で、『読める』ことは基礎基本である」と考えているため、塾に『中日ウィークリー』と『朝日中高生新聞』を置き、子ども達が活字に触れる機会を意識的に作っています。
    小さなことかもしれませんが、一年といった長期で見ると、読む子と読まない子の差は非常におなります。

    また自分でも東京新聞を購読し、毎日活字に触れるよう心掛けています。(子ども達には「活字に触れよう」と言って、自分が全く触れなければ、言葉に重みがなくなってしまいます)

  2. 小学生新聞/中高生新聞の種類と特徴
    代表的な小学生新聞と中高生新聞と、その特徴を書いていきます。
     
    朝日小学生新聞
    →毎日発行、8ページ、月ぎめ1769円
    毎日小学生新聞
    →毎日発行、8ページ/金曜のみ12ページ、月ぎめ1580円
    読売KoDoMo新聞
    →毎週木曜発行、20ページ、月ぎめ550円

    中高生新聞の代表的なものは、次の2つです。

    朝日中高生新聞
    →毎週日曜発行、20~24ページ、月ぎめ985円
    読売中高生新聞
    →毎週木曜発行、20~24ページ、月ぎめ550円

  3. 選び方
    「どれを選ぶか」については各家庭ごとにご判断いただければと思いますが、一点だけ注意していただきたいことがあります。
    それは「お子さんが読み続けられるかどうか」です。
    お母さん/お父さんが「毎日読んでほしいから、朝日小学生新聞/毎日小学生新聞にしよう!」と意気込んでも、お子さんが読まなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

    私のおすすめの方法は、コンビニで小学生新聞を一部買い、まずはそれを「一週間かけて、全て読むこと」です。
    そしてまた一週間後に一部買い、という形で習慣づけます。
    そこでお子さんが「毎日読みたい!」となれば朝日小学生新聞/毎日小学生新聞を購読し、もし「一週間で読む形のままで良い」となれば読売KoDoMo新聞を購読するか、または今までのようにコンビニで買う形にします。

  4. 活用法
    小学生新聞/中高生新聞は読むだけでも様々なことが学べます。
    しかし読むだけで終わらせてしまうのは、非常にもったいないです。
    例えば「読んだものをまとめる」「疑問に感じたことを調べる」など、工夫すれば活用法は多種多様です。

    もちろん小学生新聞/中高生新聞の購読は、学校再開後も続けていただきたい取り組みです。
    その第一歩としてたっぷりと時間のある休校期間中に、小学生新聞/中高生新聞を読み始めてみてはいかがでしょうかわーい (嬉しい顔)

 

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラ

また私が塾で行っている「新聞音読&要約」を紹介する動画をアップいたしましたので、ご活用ください。

休校中の学び方 -NHK for schoolを活用する-

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)
今日は晴れて、春らしい陽気となりましたね晴れ

ただ全国的に、新型コロナウイルスが猛威をふるっております。
(1)密閉空間であり、換気が悪い (2)近距離での会話や発声がある (3)手の届く距離に多くの人がいるの3条件がそろうと、集団感染が起きやすくなるそうですので、こういった場面や場所を避けるように心がけてください。
うがい、手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

さて先日、時事通信社が

文部科学省から教科書に基づく家庭学習を課すよう求める通知を都道府県教育委員会などに出した(4月21日)

とのニュースを報じました。
(詳しくは、教科書に基づく家庭学習を 児童生徒の状況把握も―文科省をご覧ください)

その記事には

通知では、「各教科の教科書およびそれと併用できる教材等に基づく家庭学習を課すこと」と明記。

との記載もありました。
しかしたとえ併用できる教材を提示されても、「どうやってそれを活用して、単元を学んでいけば良いのだろう」と悩んでしまいますよね…

そこで今回はそんな方にも役立てていただける、「NHK for school」を使った方法をご紹介いたします。

———————————————————————————————————————————

小学3年生で習う「小数」を例に説明していきます。

学校では新たな単元を学ぶ際、まずは先生が板書して説明してくれると思います。
その部分を「NHK for school」で補います。
お母さん/お父さんが説明しても良いのですが、大抵お子さんとぶつかり互いに要らぬストレスを感じることになってしまいます。
それを避ける意味でも、説明の部分は「NHK for school」の動画に頼ってしまいましょう。

上記の小数の単元を「NHK for school」で探すと、さんすう犬ワン「小数ってなに?~小数~」という動画が見つかります。
まず、お子さんにそれを見てもらいます。
そして動画を見終えたら、教科書を読みながら、その単元の演習を行います。
もし可能であれば、お母さん/お父さんが添削してください。(ケンカになるようであれば、無理には行わなくて構いません)

もう一度手順を振り返ると
①「NHK for school」の動画を見る
②教科書を読み、その単元の演習を行う
③(可能であれば)お母さん/お父さんが添削
となります。

これだけでも「教科書に基づく家庭学習」の負担は減らせると思います。

———————————————————————————————————————————

実はこの小数の話は、塾を休みにする前に私がNHK for schoolを使って説明した際のものです。

私は説明することに慣れているので自分で説明しても良いのですが、慣れていないお母さん/お父さんが説明すると、前述のように大抵お子さんとケンカになります。

普段のように生活できずただでさえストレスのたまりやすいこの時期に、わざわざストレスを増やす必要はありません。

活用できるものは、どんどん活用しましょう♫

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラ

また私が塾で行っている「新聞音読&要約」を紹介する動画をアップいたしましたので、ご活用ください。

休校中の学び方 -子どもの論理脳ドリル-

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)
今日は雨が降り、肌寒い日となっていますね。

また全国的に、新型コロナウイルスが猛威をふるっております。
(1)密閉空間であり、換気が悪い (2)近距離での会話や発声がある (3)手の届く距離に多くの人がいるの3条件がそろうと、集団感染が起きやすくなるそうですので、こういった場面や場所を避けるように心がけてください。
うがい、手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

さて先週、先々週と『名探偵コナン』の映画がテレビで放送されていましたが、ご覧になりましたか?
私は小学校高学年で東野圭吾さんにはまって以降、推理小説が大好きなので2作品とも見ました。

名探偵コナンのおもしろさは「一見無関係に見える様々な出来事を自分の中で結びつけ、事件を解決に導くこと」だと、私は思っています。
そこで今回は、少しコナン君になったような気分を味わえる(であろう)テキストをご紹介いたします。

———————————————————————————————————————————

『アインシュタイン式 子どもの論理脳ドリル』というテキストで、市販教材のため書店で購入できます。


やり方は非常に簡単で、写真の下にあるように「文章で与えられた情報を基に表を埋めていく」だけです。

一見簡単そうに見えますが、文章をただ漠然と読むだけでは解けません。
文章を読みながら自分で情報を整理し、それを基に表を埋める必要があります。
この「自分で文章を整理すること」こそが本テキストのおもしろさであり、少しコナン君っぽいところでもあります。

———————————————————————————————————————————

普段学校から出る課題というと、どうしてもドリル系のものが多くなると思います。
しかしたっぷりと時間のある休校期間に、普段と同じことをやるのはもったいないように感じます。

休校期間だからこそドリル系の課題ばかりではなく、このテキストのように「腰を据えて、じっくり考える問題」に取り組んでほしいと思います。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラ

また私が塾で行っている「新聞音読&要約」を紹介する動画をアップいたしましたので、ご活用ください。

休校中の学び方 -辞書を引こう-

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)
今日は肌寒い日となっていますね。

また全国的に、新型コロナウイルスが猛威をふるっております。
(1)密閉空間であり、換気が悪い (2)近距離での会話や発声がある (3)手の届く距離に多くの人がいるの3条件がそろうと、集団感染が起きやすくなるそうですので、こういった場面や場所を避けるように心がけてください。
うがい、手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

さて今回は「辞書を引こう」との内容で書かせていただきます。

みなさんは普段辞書を引きますか?
「そもそも辞書って何ですか?」という子もいれば、「辞書は知っているけれど、家にはないから引かない」という子、「普段から知らない言葉があれば、辞書を引いてます」という子など、様々だと思います。

私は今でも意味の分からない言葉はもちろん、使い方があやふやな言葉は辞書を引きます。
塾の先生という立場ですが、現在でも分からないことはごまんとあるので、その都度調べています。
またBCIに通う子にも分からない言葉があれば辞書を使って調べてもらい、「分からなければ、まずは自分で調べる」を実践してもらっています。

———————————————————————————————————————————

辞書を引く利点は2つあると思っています。
まず分からない言葉の意味が分かり、知っている言葉の総量を増やせること。
そして意味は何となく知っているけれど、使い方が曖昧な言葉の使用例が分かり、語彙を増やせること。(語彙は「適切に使える言葉」だと考えているため、知っている言葉と分けました)

これら2つだけでも大きなメリットですが、さらにそれらの過程で身に付く「調べながら考える」は辞書だけでなく、参考書・動画・ネットなど様々な媒体で調べる際にも応用できます

———————————————————————————————————————————

ここまで読んでいただき辞書を引くメリットは分かっても、「言葉だけの辞書は、なかなか子どもが引いてくれず、無駄になるのでは…」と二の足を踏む方もいると思います。
そんな方におすすめなのが、絵辞典(ピクチャーディクショナリー)です。


普段「辞書」と聞くと言葉だけの説明のものを想像すると思いますが、絵辞典では言葉の説明に加えて絵がついています。
そのため視覚的に理解でき、言葉のイメージをつかみやすいのが特徴です。
また図鑑のようなおもしろさがあるため、調べるだけに留まらず、読み物としても活用できます。
このように絵辞典で調べる習慣を身に付け、その後は年齢に合わせて辞書を新調していくと良いと思います。

もちろん休校中だけでなく、普段から辞書を引く習慣は大切です。
たっぷりと時間があるこの機会に、身に付けてみてはいかがでしょうか?

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラ

また私が塾で行っている「新聞音読&要約」を紹介する動画をアップいたしましたので、ご活用ください。

なぜ「新聞音読&要約」を行うのか

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)
ここ数日の寒さが和らぎ、今日は春らしい陽気ですね晴れ

そんな気持ちの良い天気とは裏腹に、全国的に新型コロナウイルスが猛威をふるっております。
(1)密閉空間であり、換気が悪い (2)近距離での会話や発声がある (3)手の届く距離に多くの人がいるの3条件がそろうと、集団感染が起きやすくなるそうですので、こういった場面や場所を避けるように心がけてください。
うがい、手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

さて先日、友人と話しながら、「なぜ新聞音読&要約を行うのか」について改めて考える機会がありました。
そしてその過程で1つ気付いたことがあります。

それは「『新聞音読&要約』を継続することで、本や新聞を読む習慣への橋渡しになる」ということでした。

———————————————————————————————————————————

私が普段関わる子ども達は勉強があまり得意でない子や、本/新聞を読む習慣のない子が多いです。
そしてそれらの状態の子達を観ていると、「教科書を読むのも一苦労、問題文を読むのも一苦労」となっている子が非常に多いことに気付きます。
さらに読むこと自体に大量のエネルギーを使うため、読んだ内容を基に考える際にエネルギーがすでに枯渇して考えられない、となりやすいです。
これではもちろん学びは深まり/広がりません。

その状況を改善するためには、「読める」ようになる必要があります。
そして「読める」ようになるには、実直に本や新聞を読むほかありません。
しかし習慣のなかった子がいきなり本や新聞を読めるかというと、それはハードルが高いように感じます。
そこでBCIで新聞音読&要約をすることによって、少しでも子ども達の本や新聞への心理的距離を縮められるよう心掛けています。

———————————————————————————————————————————

また本や新聞に慣れないと、いつまでも評論文が外国語のような存在になってしまうと感じます。
すなわち文章を目では追えるけれど、ただ目で追うだけで文章の内容を全く理解できない、との状態に陥ります。

その状態を抜け出し、評論文を身近なものにするためにも、新聞に親しむことは役立つと思います。

———————————————————————————————————————————

新聞音読&要約はご家庭でも行えます。
そしてホームページに載っているコラムを使えば、無料で行えます。



手順を説明した動画も貼っておきますので、是非実践してみてください。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラ

休校中の学び方 -新聞の1面コラムを活用する-

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)
今日は雨が降り、冬のような寒さが続いていますね雨

また全国的に、新型コロナウイルスが猛威をふるっております。
(1)密閉空間であり、換気が悪い (2)近距離での会話や発声がある (3)手の届く距離に多くの人がいるの3条件がそろうと、集団感染が起きやすくなるそうですので、こういった場面や場所を避けるように心がけてください。
うがい、手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

さて先日、「各新聞社の1面コラムは、ホームページ上に載っているのだろうか」と思って調べてみました。
すると数社はホームページに載せていたので、今回はそれを使った学習法を紹介いたします。

「1面コラム」は名前の通り各新聞の1面に載っているコラムで、朝日新聞ですと『天声人語』、読売新聞ですと『編集手帳』といった名称です。
記事が書かれた日の数日前~前日に起きた事柄が取り扱われることが多いため、時事問題に触れやすいのが特徴です。

———————————————————————————————————————————

1面コラムの活用例としては、下記の方法があります。
①記事を読む
②読めない漢字/知らない言葉を調べる
③(時間があれば)書き写す
④自分なりに記事の見出しをつける(15字程度)
もちろんこれに「音読」などを加えても良いと思います。

普段本や新聞を読まない子がこれらを継続すれば、力がつくと思います。

特に④の「見出しをつける」については、内容を理解できていないとつけられませんし、記事を要約する練習にもなります。

さらに文章が比較的短いからこそ継続しやすいため、「本や新聞を読む習慣への橋渡し」になると思います。

———————————————————————————————————————————

ホームページに載っていたコラムの一例も載せておきますので、ご覧ください。

筆洗(東京新聞):https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/
親子で学ぶぅ(東京新聞):https://www.tokyo-np.co.jp/article/education/manabuu/
余録(毎日新聞):https://mainichi.jp/yoroku/
春秋(日本経済新聞):https://www.nikkei.com/opinion/shunjyu/

「親子で学ぶぅ」は小学生向けの記事ですので、普段本や新聞を読む習慣のない子はそれから始めると良いのではないかと思います。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラ