読む習慣のある子が手にするもの、ない子が手にできないもの

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)

最近は朝晩の冷え込みが一段と厳しくなりましたね。
日中はまだ暖かいといえど、風邪を引きやすくなる時でもあります。
私の地元の小学校ではインフルエンザも出始めているようですので、早めの対策を心掛けてくださいねほっとした顔

また台風15・19号で被災された方の一日も早い復興を、心より願っております。

———————————————————————————————————————————

さて今回は、「『読む習慣』がどのように影響するのか」について書かせていただきます。

私は「本や新聞、電子書籍、はたまたNewsPicksのようなネット記事を読む習慣が非常に大切である」と考えています。
そして読む習慣のある子とない子が同じ試験を受ける場合、「両者の間には試験前から大きな開きがある」と感じています。

私は陸上をしていたので、そのことを100m走に例えてみます。

———————————————————————————————————————————

まず習慣の有無による影響の1つとして、「読み慣れ」や「読むこと自体への抵抗感」が挙げられます。

習慣のない子は「読み慣れ」や「文章を読むこと自体への抵抗感」の面で、習慣のある子と比べて相当なビハインドを背負っています。
そしてそれは「スタートの時点で、両者のスタート位置は一緒ではないこと」を意味します。


言うなれば読む習慣のある子は100m走、習慣のない子は150m走で競争するようなものです。(読んできた文章量によっては、もっと差が開くかもしれません。)

通常この状況で逆転するのは不可能です。

———————————————————————————————————————————

仮に上記の状況で習慣のない子が解法やテクニックを覚えて、習慣のある子に「勝とう!」と考えたとします。

習慣のない子は、習慣のある子に勝てるでしょうか?
私はほぼ不可能だと思っています。


両者の差は「読み慣れ」や「読むこと自体への抵抗感」の面だけではありません。
「文章を読む速度」でも開きがあります。

そのため差を埋めようと思っても、実際はもともとの差がさらに開くだけです。

これに加えて読むことで養われる語彙なども加味すると、結果は火を見るよりも明らかです。

———————————————————————————————————————————

私は「読む習慣なしに、勉強ができるようになることはない」と思っています。
そのため学習習慣とともに、読む習慣も是非身に付けていただきたいです。

将来必ず子ども達にとっての財産になります。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

「目的」によって、調べる「手段」を変える

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)

昨日は一日中冷え込みが厳しかったですが、今日は少し和らぎましたね♫
ただ段々と空気が乾燥しだし、風邪を引きやすい時でもあります。
インフルエンザも出始めているようですので、早めの対策を心掛けてくださいねほっとした顔

また台風15・19号で被災された方の一日も早い復興を、心より願っております。

———————————————————————————————————————————

さて今回は、「何かを調べる際、『目的』によって『手段』を変えよう!」という内容で書かせていただきます。

私は、「調べる」には
①ただ情報を得る
②得た情報を基に、自分なりに思考し、身に付ける
の2種類があると思っています。

私の中で、①に適しているのは「速いメディア」であるテレビやインターネット、一方②に適しているのは「遅いメディア」である本や新聞です。
そして、これらは目的に応じて使い分けなくてはなりません。

ただ子ども達を見ていると、②の目的で①に適した手段であるテレビやインターネットを使う子が非常に多いです。
そしてそれで「分かったつもり」になっていることを危惧しています。

———————————————————————————————————————————

確かにテレビやインターネットは情報を得やすいですし、デジタルネイティブには親しみのあるメディアであることは分かります。
しかし「情報が速く流れていく」ということは、「一度立ち止まって自分の中で思考することが難しい」と同義だと思っています。

その点、本や新聞などの「遅いメディア」には元々「立ち止まって考える時間」が含まれています。
すなわち「筆者と対話しながら、自らの考えを広げる/深める時間」がある、ということです。

もちろん私もググって情報を得ますし、その恩恵に与っています。
ただしググった情報だけで何かが身に付くというとそうではないと、自身の経験や、子ども達を見ていて感じます。

それを理解せず、何かを身に付けたいときにも「速いメディア」ばかりに頼ってしまうと、「知ったつもり」「分かったつもり」で終わってしまうのではないか、と感じるのです。

———————————————————————————————————————————

私が小中学生の頃に比べて、調べる手段は格段に増えています。
そして、子ども達にはその恩恵をしっかりと享受してほしいです。

そのためにも「子ども達に『それぞれのメディアの特性』を理解してもらい、目的に応じた手段を選べるようになってもらわないと」と、改めて感じます。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

変化を求めるなら、自分も変わる

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)

だんだんと朝晩の冷え込みが厳しくなってきますね。
今年はインフルエンザがすでに出始めているようですので、早めの対策を心掛けてくださいねほっとした顔

また台風15・19号で被災された方の一日も早い復興を、心より願っております。

———————————————————————————————————————————

さて、9月から久しぶりにジョギングを続けています。

子ども達に常々「学習面で何か新しいことを始めよう」と伝えているため、私も「何か新しいことに挑戦しよう!」と思い、遠ざかってしまっていたジョギングにしました。

———————————————————————————————————————————

私はもともと都立駒場高校で陸上部に所属していたため、走ること自体に抵抗はありません。
しかしここ数年サボっていたツケはあまりに大きく、最初は1キロ走るだけでヘトヘトでした。
 

[9月の最初]

[現在]

2ヶ月が経ち、だいぶゆとりを持って走れるようにはなりましたが、それでもまだ4キロ。
現役時代には程遠いです。

———————————————————————————————————————————

ただジョギングを続ける中で、子ども達が「学習面でなかなか一歩踏み出せない気持ち」を疑似体験できたように感じます。
そして「ついつい先延ばししてしまう気持ち」も。
人間は弱い生き物なので、やらない方へ流れてしまいがちです。
 

それでもやはり、子ども達には「(苦手な)学習面でも変われるんだ!」と実感してほしいと思っています。
そしてそれには、新しい行動を始める必要があります 

その際私が何にも挑戦していない状態で変化を促しても、「子ども達に伝わらないのではないか」と感じます。
私が逆の立場であれば、「あなたは挑戦していないのに、なぜ僕にだけ変化を求める?」と間違いなく思います。 

———————————————————————————————————————————

モハトマ・ガンジーの言葉に、次のものがあります。

You must be the change you want to see in the world.
-世界に変化を望むなら、自らがその変化になれ

子ども達に変化を求める立場にいるからこそ、私も彼らと一緒に変化しなくては、と感じます。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

ソフトを活かすためのハードを育てる

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)

だんだんと朝晩の冷え込みが厳しくなってきますね。
今年はインフルエンザがすでに出始めているようですので、早めの対策を心掛けてくださいねほっとした顔

また台風15・19号で被災された方の一日も早い復興を、心より願っております。

———————————————————————————————————————————

さて、今回は教育におけるハードとソフトについて書かせていただきます。

私は「教育にはハードを育てる側面と、ソフトを育てる側面の2つの役割がある」と感じています。
ただいきなり「ハード」「ソフト」と言っても分かりづらいので、まずは身の回りにあるものに置き換えて、理解していただきたいと思います。

———————————————————————————————————————————

子ども達が大好きなゲームを例に挙げると、ニンテンドースイッチやプレイステーション4などのゲーム機本体がハードで、カセットがソフトです。
また私達が日々使用するスマホであれば、OSがハードで、アプリがソフトです。
つまりハードは本体自体(の性能)、ソフトはハードがあって始めて使える/役立つもの、と考えることができます。

教育にあてはめると、昨今話題になっている英語4技能や、プログラミングはソフトです。(あくまで私の中での認識にはなってしまいますが)
一方、私たち日本人にとっての母語である「日本語の4技能」がハードである、と私は考えています。

塾業界でも公教育に取り入れられるものはブームとなりやすいため、現在英会話教室やプログラミング教室がものすごい勢いで増えています。
この流れ自体は否定しないのですが、私は少し距離を置いて現在の流れを見ています。

———————————————————————————————————————————

新たな教育内容がカリキュラムに組み込まれると、あたかもそれが万能で、全ての悩みを解決してくれるような幻想を抱くことが、人間誰しもあると思います。
しかし、もし仮に現在「英語さえできていれば、これからのグローバル化の時代を生き抜ける」「プログラミングさえできていれば、テクノロジーが進歩しても対応できる」と考えている方がいるとすれば、それは非常に危うい発想ではないかと思うのです。

前述のように英語やプログラミングはソフトです。
すなわち、それ自体が「勉強が苦手」などの現状を劇的に変えてくれるものではありません。
またソフトである以上、ハードである「日本語の4技能」の習得度合いによってその効果は大きく異なるように感じるのです。

周りに英語を流暢に話せたり、プログラミングに精通している人がいると、あたかも「英語やプログラミングによって頭が良くなった」と錯覚することがあると思います。
しかし、本当にそうでしょうか?
私は、それらの人達が英語やプログラミングに費やしてきた時間以上に、母語に向き合ってきた結果ではないかと感じます。

「日本語で理解できないものや、考えたことがないものを、英語だと理解でき、考えられるのでしょうか?」
「日本語で意味を理解していないコードを、実際のプログラムで活用できるのでしょうか?」

私は「否」だと思っています。

———————————————————————————————————————————

今後も新たなソフト(スキル)がどんどん教育内容に組み込まれるのではないかと思います。
しかしどんなに新たなソフトが出てきたとしても、それは母語である「日本語の4技能」というハードがあって初めて活きます。

新たなソフトを最大限活用できるように、ハードである「日本語の4技能」に立ち返るべきである、と私は考えています。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

学びは続くよ どこまでも

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)

今日のお昼は暖かかったですが、朝晩は冷え込みが厳しいですね。
今年はインフルエンザがすでに出始めているようですので、早めの対策を心掛けてくださいねほっとした顔

また台風15・19号で被災された方の一日も早い復興を、心より願っております。

———————————————————————————————————————————

さて、先日世界史の参考書を購入しました。


「塾の先生だし、普通のことでは?」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし私は中学から歴史全般が大嫌いで、世界史に至っては「こんな同じ名前の人ばかりで覚えられるわけがない」と、数回目の授業で諦めるほどでした。(今振り返ると、とんでもない理由ですね…苦笑)

そのため当時の私が今の私を見れば、非常に驚くと思います。笑

———————————————————————————————————————————

では、なぜ今になってわざわざ世界史を学ぼうと思ったのか?
それは「トルコがシリア北部に住むクルド人を攻撃した」とのニュースを目にし、「なぜあの地域はこれほどまでに火種が絶えないのだろう?」と興味が湧いたからです。

これらの問題は現在進行形ですが、「今の状況だけを見ていても理解できない」と感じました。
そこで宗教や文化面も含めて、どういう歴史を辿ってきたのかを知ろうと思うに至りました。

———————————————————————————————————————————

勉強というと、学校のテストや受験を思い浮かべる方が多いと思います。
しかし本来は、そういった受け身なものではないはずです。

私の中での勉強は「自分の興味関心から生まれた疑問を解いていくこと」です。
そして、それこそが勉強のおもしろさです。

———————————————————————————————————————————

私は日本についても、世界についても、まだまだ知らないことばかりです。
そして知らないことに出会う度に、「もっと知りたい!」という気持ちが湧いてきます。
それは職業云々ということではなく、私の気質なのだと思います。

子ども達に勉強することを求める立場にいるからこそ、これからも私自身が子ども達以上に学び、学ぶおもしろさを子ども達に伝えていこうと思っています。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

ラクビーW杯 ~選手たちのインタビューから学ぶ~

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)

朝晩の冷え込みが厳しくなり、秋を飛び越して冬のような気候になりましたね。
今年はインフルエンザがすでに出始めているようですので、早めの対策を心掛けてくださいねほっとした顔

また台風15・19号で被災された方の一日も早い復興を、心より願っております。

———————————————————————————————————————————

さてラグビーW杯が大盛り上がりをみせていますが、ご覧になっていますかわーい (嬉しい顔)
私はスポーツ全般見るのが好きなので、先日のスコットランド戦もテレビで見ていたのですが、手に汗握る大接戦でしたね♫

史上初のベスト8進出を果たした日本代表ですが、次の南アフリカ戦でもベストパフォーマンスを見せてほしいと思っています。

———————————————————————————————————————————

試合後の選手達のインタビューを聞いていると、多くの選手が口にする印象的な言葉があります。
それは「色々な犠牲の上に、この結果がある」という言葉です。

私は「この言葉こそが、私達が学ぶべきものではないか」と、インタビューを聞きながら感じました。

———————————————————————————————————————————

今回のラグビー日本代表の目標は、選手達のインタビューから「ベスト8進出」だと推察できます。
しかし同じ組にはW杯前の時点でランキング1位のアイルランド、そして前回大会で敗戦したスコットランドがいて、日本にとっては決して楽な組ではなかったと思います。

前回と同じ取り組みをしていては、前回のようにベスト8を逃すとの危機感があったはずです。

———————————————————————————————————————————

では選手たちは何をしたか?
それがインタビューの中で選手達が口にする、「多くの犠牲を払うこと」だったのだと思います。

それは家族との時間を削ることかもしれませんし、遊ぶ時間を減らすことかもしれません。
はたまた趣味の時間を減らしたのかもしれません。

インタビューからではどんな犠牲を払ったのかを直接知ることはできませんが、日常生活も含めた全ての時間をラグビーに捧げていたのではないかと思います。

———————————————————————————————————————————

もちろん私たちは日本代表ではないので、ここまでの取り組みはしなくて良いと思います。

ただ「自分が手にしたいものが、自分の現状よりも高ければ高いほど、多くの犠牲を払わなくてはならない」という事実は、知っていなくてはならないと思います。
これはスポーツの世界に限らず、受験でも同様です。

そしてこの事実こそが、今回の日本代表から学ぶべきことではないかと、私は強く感じます。

「犠牲」と聞くとあまり良い印象を受けないかもしれません。
しかし、私個人は「『自分が手にしたいと思ったもの』に対して、どれだけ真剣になれるか」と同義で、プラスの印象を持っています。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

文化学園大学杉並中学・高等学校

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)

昼も少しずつ涼しくなり、秋の訪れを感じる季節となりましたね。
今年はインフルエンザがすでに出始めているようですので、早めの対策を心掛けてくださいねほっとした顔

また今週末には今シーズン最強と言われる台風19号が上陸するのではないかと言われています。
くれぐれも安全第一でお過ごしください。

———————————————————————————————————————————

さて、先日文化学園大学杉並中学・高等学校の学校説明会に参加しました。(→ホームページ)

文大杉並はJR中央・総武線「阿佐ヶ谷駅」「荻窪駅」のちょうど中間地点にある、共学の中高一貫校です。
以前は女子校だったのですが、2018年度から共学化。
今年の入学生の男女比は、中高生ともほぼ1:1だったようです。

———————————————————————————————————————————

文大杉並の魅力は、何といってもダブルディプロマコースです。
文大杉並に通いながら、カナダブリティッシュコロンビア州(以下、BC州)のカリキュラムも受講し、高校卒業時に日本とカナダの高校卒業資格が得られます。

2ヵ国の高校卒業資格が得られるのはもちろん魅力の1つではあるのですが、私はBC州カリキュラムの「教科を通してDeeper Thinking Skillsをみにつけさせる」という目標に非常に魅力を感じました。

リヨ・ホイットニー校長が、その一例として以下のような話をしていました。

「数学の問題で正解できれば、子ども達はもちろんうれしい。
しかしそれでは不十分なんです。
正解していたとしても、間違っていたとしても、プロセスと 『なぜそう考えたのか』が大切なんです。
それらを見える化することを、Making Thinking Visibleと言います。」

正解にとどまらず、そのプロセスと「なぜそう考えたのか」を説明する
その重要性は日々感じているので、この話を聞いただけでディプロマコースに通う価値が十分あると感じます。

———————————————————————————————————————————

また一日の中で日本の授業とカナダの授業の両方を受けるため、「『2つの異なる視点』の中で進んで行く学習活動を通じて複眼的思考力を獲得できる」というのもダブルディプロマならではだな、と感じました。

国際バカロレア(IB)やインターナショナルスクールなどの単一言語の環境下ではできないことなので、ダブルディプロマを選ぶ際のポイントになると思います。

急速に変化する現代において、英語「で」学べ、さらに「多様なものの見方に触れられる環境」は、子ども達に多くをもたらすのではないか、と感じました。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

考えながらスポーツをする

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)

昼はまだまだ日差しが強いですが、朝晩はだいぶ涼しくなりましたねわーい (嬉しい顔)
寒暖差が大きいと風邪を引きやすくなりますので、体調を崩さないようくれぐれも気を付けてくださいねほっとした顔

また台風18号が近づいていますので、くれぐれもご注意ください。

———————————————————————————————————————————

さて、ラクビーW杯が先月開幕し、大いに盛り上がっていますね。

私は種目を問わずスポーツを見るのも、行うのも好きなので、先日のアイルランド戦も観ていたのですが、日本が歴史的勝利をあげた際には思わず涙が出そうになりました。

試合の翌日、日本テレビ『スッキリ』で、元ラグビー日本代表の大畑さんが試合について解説していました。

その中で「日本は個の力では劣るから、組織としてスクラムに臨んだ」と仰っていて、「ウィークポイントは工夫次第でストロングポイントにできること」、そして「考えながらスポーツをすることの重要性」を改めて感じました。

———————————————————————————————————————————

今回のアイルランドのように体格で上回っている相手と戦う際に、「相手の土俵にのっていては絶対に負けてしまう。では、どうやったら勝てるだろうか?」という発想は、スポーツをする上で必要不可欠なインテリジェンスだと思っています。

その賢さがないと「ただ相手にがむしゃらにぶつかる」「闇雲に練習量を増やす」などの選択肢しか浮かばず、自分の実力以上の相手には一生勝てません。

最悪の場合、試合前にケガをする可能性もあります。

———————————————————————————————————————————

少し私の話もさせていただきます。

私は高校時代、4×400mRで関東大会に出場しています。
この話をすると大抵、「運動神経が良かったのですね」という反応で終わってしまいます。

しかし私は決して体格に恵まれているわけではありません。
身長が164㎝しかなく、周りの選手と比べて歩幅が狭いため、普通に走っていては自分より背の高い選手にどんどん離されてしまいます。

そのビハインドを埋めるために何をしたかというと、私は「テーマ」を持って練習に臨んでいました。
 「この練習は、400mの中の300m地点を想定しよう」
 「試合での目標が○秒だから、今回のタイム設定は□秒にしよう」
などのように、常に「本番を想定しての練習」を行っていました。

また試合で力を出し切れるように、そこから逆算をして練習メニューを組んでいました。
(→この時の取り組み方を勉強に活かした『逆算思考』が、以下のリンク先からご覧いただけます:逆算思考)

今振り返ると、私は陸上を通じて「科学していた」のだと思います。

———————————————————————————————————————————

壁にぶつかった時、何の工夫もせずに壁にぶつかり続けても、ただ痛いだけです。

そこで必要になるのが、「壁の横をすり抜ける」「壁をよじ登って乗り越える」「壁を道具で壊す」のような発想の転換です。
そして、それは頭を働かせられるアスリートにしかできないと思っています。

子ども達と関わっていると、たまに「勉強は苦手だけど、スポーツは得意」という子に出会います。
しかし私は「スポーツとは、自分の体を使って『科学すること』」と考えているため、私自身はその言葉をあまり信じません。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の、『学びの土台』を築くサポートをしています。(→『学びの土台』についてこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

言葉はギフト

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)

昼はまだまだ日差しが強いですが、朝晩はだいぶ涼しくなりましたねわーい (嬉しい顔)
寒暖差が大きいと風邪を引きやすくなりますので、体調を崩さないようくれぐれも気を付けてくださいねほっとした顔

また台風15号で被災された地域の、一刻も早い回復を願っております。

———————————————————————————————————————————

さて私はBCIに通ってくれる子が誕生日を迎えると、本と手紙をプレゼントしています。


実は私が小中学生の頃、両親から誕生日に本をもらっていて、今振り返ると「非常にありがたい」と感じるため、私も子ども達に対して同じことをしています。

———————————————————————————————————————————

プレゼントには様々な選択肢がありますが、私は敢えて本にしています。
それは、本であれば子ども達の世界が広がり、言葉が子ども達の中に残り続ける、と感じるからです。

プレゼントした本が子ども達にとって何かしらの良い影響をもたらし、そして「通ってくれていることへの感謝」が伝わってくれれば、と思っていますほっとした顔

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の、『学びの土台』を築くサポートをしています。(→『学びの土台』についてこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

『ケーキの切れない非行少年たち』

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)

最近はすっかり秋らしい陽気ですねわーい (嬉しい顔)
朝晩はだいぶ涼しくなっていますので、体調を崩さないようくれぐれも気を付けてくださいねほっとした顔

また台風15号で被災された地域の、一刻も早い回復を願っております。

———————————————————————————————————————————

さて、今回は『ケーキの切れない非行少年たち』をご紹介いたします。
(→ ケーキの切れない非行少年たち)

 

Twitter上に表紙の写真が流れているのを見て、軽い気持ちで読み始めたのですが、学ぶことが非常に多かった一冊でした。

———————————————————————————————————————————

今まで多くの非行少年と出会ってきた著者は、本の中で非行少年に共通する6つの特徴を挙げています。

認知機能の弱さ
感情統制の弱さ
融通の利かなさ
不適切な自己評価
対人スキルの乏しさ
+1身体的不器用さ

そしてその中でも特に「認知機能の弱さが、不適切な行動や言動につながっているのではないか」と指摘します。

認知機能とは、記憶、知覚、注意、言語理解、判断・推論といったいくつかの要素が含まれた知的機能のことです。

認知機能が弱いと、
・五感から入った情報が間違っている
・受け取った情報を間違って整理する
・情報の一部しか受け取らない状態になっている
など、情報が入ってくる時点で問題が生じる可能性があるそうです。
そして仮に入ってくる情報が間違っているとしたら…行動や言動が不適切になるのは想像に難くありません。

———————————————————————————————————————————

実は「認知機能の弱さ」は、勉強が苦手な子にも見られる特徴でもあるようです。

もちろんその誰もが罪を犯すわけではないですが、「外には見えていないだけで学校生活の中で困りごとを抱えているのかもしれない」と、本を読みながら感じました。

私は日々子ども達と関わる中で、「きっと困りごとを抱えているだろうに、うまくそれをすくい上げられていない」と感じることが多くありました。
そしてその事を非常にもどかしく感じていました。
その原因であろう「認知機能」を向上させるための具体的な支援もこの本には書かれているため、それを子ども達にうまく還元していきたいと思います。

私のような塾の先生や学校の先生などの教育関係者はもちろん、子育てで悩んでいるお母さん/お父さんにも役立つ一冊ではないかと思う。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の、『学びの土台』を築くサポートをしています。(→『学びの土台』についてこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから