本棚を増やしました♫

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」だけど学ぶのは好きな子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)
ここ数日は一時の厳しい寒さが和らぎ、過ごしやすい日が続いていますね。

そのような気持ちの良い陽気に反して、日本でも少しずつ新型コロナウイルスの感染者が増えています。
(1)密閉空間であり、換気が悪い (2)近距離での会話や発声がある (3)手の届く距離に多くの人がいるの3条件がそろうと、集団感染が起きやすくなるそうですので、こういった場面や場所を避けるように心がけてください。
またうがい、手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

さて、先日以前から作りたいと思っていた「新書/ジュニア新書/プリマー新書、『よりみちパン!セ』シリーズ」用の本棚を増やしました。



まだまだ冊数は少ないですが徐々に増やしていき、ミニ図書館のような状態のマナビノバを目指したいと思います♫

——————————————————————————————————————————–

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラ

また私が塾で行っている「新聞音読&要約」を紹介する動画をアップいたしましたので、ご活用ください。

練習の『目的/意図』は明確に

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)
最近ではだいぶ朝晩の冷え込みが厳しくなり、秋の深まりを感じますね。

また日本でも少しずつ新型コロナウイルスの感染が広がっています。
(1)密閉空間であり、換気が悪い (2)近距離での会話や発声がある (3)手の届く距離に多くの人がいるの3条件がそろうと、集団感染が起きやすくなるそうですので、こういった場面や場所を避けるように心がけてください。
またうがい、手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

さて、先日井上尚弥選手がラスベガスでマロニー選手と戦い、7回にカウンターの右ストレートでKO勝ちを収めましたたが、ご覧になりましたか?
私は格闘技が好きなため、一年ぶりに彼の試合が見られることはもちろん、期待通りの圧勝に非常に興奮しました。

試合後井上選手はKO勝ちにつながった右ストレートの練習動画を公開していました。
「練習したからこそ試合で出せた」と推察しますが、練習で行ったことをいとも簡単に試合で出せてしまう井上選手の凄さにただただ驚かされるばかりでした。

———————————————————————————————————————————

誰しも経験があると思いますが、「練習しているからと言って、それを必ず試合で出せるわけではありません」。
もしそうであるならば、皆が本番でベストのパフォーマンスを出せているはずです。

では練習の成果を試合で出せるどうかは、何によるのでしょうか?
私は
「何を想定して練習しているのか」が鍵だと思っています。

動画で井上選手はトレーナーさん相手にパンチを打ち込んでいますが、おそらく井上選手の頭の中には「マロニー選手が目の前にいる状況」が描かれているはずです。
そしてその状況で右ストレートを打つ練習を繰り返し何度もしていたからこそ、試合で練習したことが出せたのだと思います。

これは勉強にも当てはまることです。
(特に)「本番に弱い」と感じている人は、一度「練習のための練習になっていないか」をモニターすると良いと思います。
勉強のための勉強になっていて、「試験本番を想定した勉強」になっていなければ、本番は普段と違って大きなプレッシャーがのしかかるため、本番の雰囲気にのまれてしまうのは当然です。

———————————————————————————————————————————

また余談になりますが、「試合を想定しての練習」なのか、「練習のための練習(その場しのぎの練習)」なのか、によって練習のおもしろさは異なります。

同様に「勉強のための勉強(その場しのぎの勉強)」なのか、「テスト/受験のための勉強」なのか、はたまた「テスト/受験で手にした環境を見越しての勉強」なのか、その目的によって勉強もおもしろさが異なります。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラ

また私が塾で行っている「新聞音読&要約」を紹介する動画をアップいたしましたので、ご活用ください。

英単語なのに、国文法!?

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)
最近ではだいぶ朝晩の冷え込みが厳しくなり、秋の深まりを感じますね。

また日本では横ばいですが、新型コロナウイルスが世界的には猛威をふるっています。
(1)密閉空間であり、換気が悪い (2)近距離での会話や発声がある (3)手の届く距離に多くの人がいるの3条件がそろうと、集団感染が起きやすくなるそうですので、こういった場面や場所を避けるように心がけてください。
またうがい、手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

突然ですが、私は学生時代国語が苦手でした。
その中でも特に国文法が苦手で、「なんでこんなものをわざわざ学ばなくてはならないのだ」と当時はよく思っていました。苦笑

そんな私でも「国文法はこういう時に役立つのか!」と目から鱗が落ちる出来事が先日ありました。

———————————————————————————————————————————

まずは下記の添付写真をご覧ください。


「彼は現在幸せです」という日本文を英文に訳す問題だったのですが、ある子が「幸せ」という英単語が分からず辞書を引きました。
そしてその子が選んだ単語がhappinessでした。

確かに「幸せ」と調べると、happinessと出てきます。
しかしこの場合「幸せです」がかたまりであるため、辞書を引く際は「幸せな」を調べなくてはなりません。
そして「幸せな」を調べ方をすると、この和文英訳の正解となるhappyが出てきます。
些細なことではありますが、この一件で「文節や品詞は大切なのだな」と感じました。

———————————————————————————————————————————

もちろん日常生活で「文節は○○」「品詞は△△」と意識する必要はないと思います。
しかし今回のように辞書を引く際には、文節や品詞を意識しないと誤った語を選んでしまうことになるため、注意が必要です。

あれ程嫌いだった国文法ですが、今ではその重要性を理解できます。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラ

また私が塾で行っている「新聞音読&要約」を紹介する動画をアップいたしましたので、ご活用ください。

困る正解、役立つ間違い

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)
最近ではだいぶ朝晩の冷え込みが厳しくなり、秋そして冬の訪れを感じます。

また日本では減っているとは言え、新型コロナウイルスが世界的には猛威をふるっています。
(1)密閉空間であり、換気が悪い (2)近距離での会話や発声がある (3)手の届く距離に多くの人がいるの3条件がそろうと、集団感染が起きやすくなるそうですので、こういった場面や場所を避けるように心がけてください。
またうがい、手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

塾を主宰していると、「間違いを極端に嫌がる子」に出会うことがあります。
これは私の推測なのですが、学校での学習内容が増えたことによって「余白」がなくなり、正解の道筋しか辿れないことが一因ではないかと考えています。

もちろん正解の道筋を辿ることは大切なのですが、それだけでは正解至上主義が蔓延ると感じています。
そして「勉強では正解のみが良く、間違いは悪」のような価値観が根付く気がしています。

———————————————————————————————————————————

私は正解することを否定しているわけではありません。
しかし「正解するってそんなに大切な事だろうか?間違うってそんなに悪い事だろうか?」と正直感じています。
なぜなら正解と間違いは二項対立ではなくて、表裏一体だと思うからです。

さらに言うと正解/間違いは、文脈によって全く意味合いが変わると思います。
例えば勉強に「取り組んだ状態」での正解と、勉強に「取り組んでいない状態」での正解は同じものでしょうか?
私はこれらの正解の意味は全く違うと思っています。
この場合後者はたまたま正解しただけであって、それが自分の中には積み重なってはいません。

そのため「①勉強に取り組んだ」「②正解した」を踏まえて
  ①  ②
(1)Yes•〇
(2)Yes•×
(3)No•〇
(4)No•×
の4つのどのケースなのかを判断しなければなりません。

———————————————————————————————————————————

さらにさらに付け加えると、勉強に取り組んだだけでは作業になっているケースもあるため、「①勉強に取り組んだ」「②理解できた」「③正解した」の3つを踏まえて
 ①    ②   ③
(ⅰ)Yes•Yes•〇
(ⅱ)Yes•Yes•×
(ⅲ)Yes•No•〇
(ⅳ)Yes•No•×
(ⅴ)No•Yes•〇
(ⅵ)No•Yes•×
(ⅶ)No•No•〇
(ⅷ)No•No•×
のどのケースなのかを判断しなくてはいけないとも感じています。

ここでは4つの正解のケースがありますが、本当に意味があるのは(ⅰ)だけです。
(ⅲ)(ⅶ)の正解に関しては「理解していないのに、たまたま正解してしまった」だけであり、後々「えっ、分かってなかったの!?」となるケースなので、正直に言うと質の悪い正解だとすら感じています。
また間違いであっても、(ⅱ)の「勉強して、自分では理解していたと思っていたけれど、間違えた」ケースと、(ⅳ)の「勉強して、自分でも理解できていたとは思っておらず、間違えた」ケースは次回に活かせるので、私はあまり問題視していません。

これらからも分かるように、「正解か、間違いか」の二項で捉えるのではなく、それまでの取り組み等も加味して考えないと「本当に意味のある正解なのか」は理解できないのではないかと感じています。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラ

また私が塾で行っている「新聞音読&要約」を紹介する動画をアップいたしましたので、ご活用ください。

勉強姿勢が物語ること

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)
最近ではだいぶ朝晩の冷え込みが厳しくなり、秋そして冬の訪れを感じます。

また日本では減っているとは言え、新型コロナウイルスが世界的には猛威をふるっています。
(1)密閉空間であり、換気が悪い (2)近距離での会話や発声がある (3)手の届く距離に多くの人がいるの3条件がそろうと、集団感染が起きやすくなるそうですので、こういった場面や場所を避けるように心がけてください。
またうがい、手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

さて今回は「勉強姿勢」について書かせていただきます。

私は子ども達が勉強する際「どのような姿勢で勉強するか」をよく観察しています。
それは勉強姿勢によって「集中度合い」や「集中の持続時間」が大きく異なるからです。

———————————————————————————————————————————

子ども達の勉強姿勢で多いのは、頬杖をつきながら勉強をするタイプです。
その事を指摘すると、大抵の場合「別にこのままでも勉強できるので大丈夫です」と返答されますが、その多くが実は集中力散漫になっています。

勉強姿勢でまず大切なのは、「背筋が伸びていること」、すなわち「背骨が一直線にぴんと伸びた状態を作ること」です。
これにより目から対象物までの距離が適切に保て、無駄な力が入らないため疲れづらくなります。
そしてこの状態が作れて初めて、集中度合いが高まり、集中が持続できる、つまり本当の意味で勉強に取り組めるようになります。

また頬杖をついている方の手も大切になります。
私は子ども達によく「ペンを持っていない方の手の人差し指を、自分が注目したいところの横に置こう」と伝えます。
このようにルール化することで「自分がどこに集中したらよいのかが一目で分かり、気が散らずにすむ」とのメリットがあります。

———————————————————————————————————————————

頬杖タイプの次に多いのが、腕枕に寝そべった状態で勉強をするタイプです。

このタイプでは、前述のように「目から対象物までの距離を適切に保つこと」が難しいため、勉強する姿勢としては良くありません。
そしてこの状態で勉強をしていると、大抵の場合寝てしまいます。
この場合は無理に勉強するのではなく、短時間寝てから正しい姿勢で勉強をする方が何倍も密度が高まります。

———————————————————————————————————————————

勉強姿勢は一朝一夕で身に付くものではありません。
日々意識する中で、身に付くものです。

是非ご家庭でも正しい姿勢での勉強を心掛けてください。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラ

また私が塾で行っている「新聞音読&要約」を紹介する動画をアップいたしましたので、ご活用ください。

9月21、22日は休みです。

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)
最近は秋らしい陽気が続いていますね晴れ

また新型コロナウイルスの感染者数が僅かながら増えてきています。
(1)密閉空間であり、換気が悪い (2)近距離での会話や発声がある (3)手の届く距離に多くの人がいるの3条件がそろうと、集団感染が起きやすくなるそうですので、こういった場面や場所を避けるように心がけてください。
またうがい、手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

さて本日9月21日、明日9月22日は休みとなります。

電話、LINEでの対応はできかねますので、お急ぎの方はメールにてご連絡ください。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラ

また私が塾で行っている「新聞音読&要約」を紹介する動画をアップいたしましたので、ご活用ください。

「OK Google, 〇〇を教えて」的な学び方

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)
今日は強雨が降ったり、晴れたりと、忙しい天気になりましたね。

また日本では減っているとは言え、新型コロナウイルスが世界的には猛威をふるっています。
(1)密閉空間であり、換気が悪い (2)近距離での会話や発声がある (3)手の届く距離に多くの人がいるの3条件がそろうと、集団感染が起きやすくなるそうですので、こういった場面や場所を避けるように心がけてください。
またうがい、手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

さて今回は「OK Google, 〇〇を教えて」的な学び方との内容で書かせていただきます。

先日安倍さんのこのツイートを拝見し、子ども達によく「僕はGoogleじゃないから。まずは自分で考えて、分かっていることと分からないこと位は説明して」と言っていることを思い出しました。

———————————————————————————————————————————

塾である以上、もちろん子ども達の疑問や質問に対しては答えます。
しかし分からないことを「分からない!(=先生なのだから、私/僕が何を分からないか悟って)」とろくに説明せずに私に丸投げしたり、何も考えず反射的に「教えて!(=調べたり、考えたりするのは面倒くさいので、答えを言って)」と答えを求めるのは、私は学び手の姿勢としてあまりに無責任ではないかと感じます。

私は上記のような学び方を、皮肉を込めて「OK Google」学習法と呼んでいます。
一切説明をせず、全く考えずに答えだけを求める様が、「OK Google, 〇〇を教えて」とデバイスに問いかける姿と重なるからです。

ネットで検索すれば何でも出てくる(かのように錯覚してしまう)時代なので、「OK Google, 〇〇を教えて」と調べれば、自分が求める答え(らしきもの)は出てくると思います。
しかしそれが「学ぶ」ということでしょうか?
さらに言うと、Googleでもできることを我々人間がする必要があるでしょうか?
私はGoogleでもできることはGoogleに任せて、人間にしかできないことをやれば良いと思います。

———————————————————————————————————————————

学習とは「分からないことをその都度調べて終わるような簡単なもの」ではないはずです。
「OK Google, 〇〇を教えて」で調べた内容を基に考え、分かることと分からないことを自分なりに整理し、分からないことは質問して理解する、その一連の流れが学習だと私は考えています。

「OK Google, 〇〇を教えて」では理解することが前提になっていないため、結局何度も同じことを調べる羽目になります。
それを是とする方はそれで良いと思いますが、私は何回も調べる時間があるのならば、一度で理解しその知識を活用すべきだと考えています。
そしてそれこそが人間がGoogleに勝れる部分ではないかと思います。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラ

また私が塾で行っている「新聞音読&要約」を紹介する動画をアップいたしましたので、ご活用ください。

8月10、11日はお盆休みです。

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)
最近は夏らしい暑さが続いていますね晴れ

また新型コロナウイルスの感染者数が再び増えてきています。
(1)密閉空間であり、換気が悪い (2)近距離での会話や発声がある (3)手の届く距離に多くの人がいるの3条件がそろうと、集団感染が起きやすくなるそうですので、こういった場面や場所を避けるように心がけてください。
またうがい、手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

さて8月10日、8月11日はお盆休みとなります。

電話、LINEでの対応はできかねますので、お急ぎの方はメールにてご連絡ください。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラ

また私が塾で行っている「新聞音読&要約」を紹介する動画をアップいたしましたので、ご活用ください。

夏期講習について

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)
昨日、今日は少し肌寒く感じる陽気ですね。
洗濯物がなかなか乾かない日が続いているため、日差しが恋しくなります…苦笑

また新型コロナウイルスの感染者数が増えてきています。
(1)密閉空間であり、換気が悪い (2)近距離での会話や発声がある (3)手の届く距離に多くの人がいるの3条件がそろうと、集団感染が起きやすくなるそうですので、こういった場面や場所を避けるように心がけてください。
またうがい、手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

さて世田谷区の小中学校では7月31日に終業式を迎え、8月1日から夏休みとなります。
それにともない、共育学舎BCIも夏期講習日程となります。(詳しくは添付いたしました画像をご覧ください)


———————————————————————————————————————————

今年はコロナウイルスによる休校の影響で学習が普段よりも早く進み、「1学期の内容に不安がある」という方も多いと思います。

BCIでは無料体験も受け付けておりますので、
活字を読む習慣がなく、勉強が苦手

1学期の遅れを夏休み中に取り戻し、2学期に備えたい
現在の学年の内容だけでなく、前学年の内容も復習したい
というお子さんがいらっいましたら、是非ご連絡くださいほっとした顔(右記のリンクより無料体験をお申し込みいただけます鉛筆)

共育学舎BCIは「学年ごとの時間割がない、無学年」&「少人数制」なので今からでも対応可能です♫

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラ

また私が塾で行っている「新聞音読&要約」を紹介する動画をアップいたしましたので、ご活用ください。

Teach For Japan×DAncing Einstein『教育環境を再定義する』

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)
今日は夏らしいジメジメした陽気になりましたね雨

また新型コロナウイルスの感染者数が増えてきています。
(1)密閉空間であり、換気が悪い (2)近距離での会話や発声がある (3)手の届く距離に多くの人がいるの3条件がそろうと、集団感染が起きやすくなるそうですので、こういった場面や場所を避けるように心がけてください。
またうがい、手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

さて先日Teach For JapanとDAncing Einstein主催の「教育環境を再定義する」に参加しました。

登壇者の苫野一徳さんと青砥瑞人さんに興味があり参加したのですが、想像以上におもしろい内容だったのでブログにてシェアいたします。
備忘録のような形で書き連ねているため、多少読みづらさはあるかと思いますが、宜しければお読みくださいほっとした顔

———————————————————————————————————————————

・青砥さんプロフィール
→高校を中退後、UCLAへ
→好奇心からの学びが、自分を変えた
 ⇒今の学校教育とは違った学びがあっても良いのでは?
→AIと人間の脳が違う以上、「AI vs. 人間」と二項対立で考えるのではなく、共存
→学校教育については、職場と常に関わりながら協働
→成長とWell-beingがテーマ
・苫野さんプロフィール
→哲学でドーパミンが止まらない
 ⇒哲学とは、意味や本質を徹底的に考えて、説くこと

———————————————————————————————————————————

①「大人の役割って?」
苫野さん
→コロナ休校中の大きな問題
 =大人の方が焦って、子ども達の声を聞かなかった
 ⇒However まずは子ども達の声を聞いて、「一緒に学校を作っていこう!」
→(データを見て)高校まで「大人時間」を生きているが、それが今回「子ども時間」を生きられた
→ジャン・ジャック・ルソー『言葉を身に付けた時くらいから、子どもは学ぶ意欲があるのに、それを奪っていませんか?』
→「どうすれば子どもが自分を生き生きさせられるか」
青砥さん
→「娯楽に時間を割くって、本当に問題かな?」「ゲームやYouTubeって、悪いこと?」
→二人にとっての哲学や脳神経科学は「娯楽(=やりたいからやっていること)」
→どうラベリングするかは、人次第
→(休校期間中の話になり)大人が一番落ち着いていないとの事実が、子どもに感染
 →段ボールで自分が落ち着ける家を作った子がいた(=自分で心理的安全な場を創っている)
 ⇒これを「学び」と言わずして、何を「学び」と呼ぶのか?
→「これをやらなきゃいけない!」だけでなく、他の観点から教育をとらえる
苫野さん
→次女の「暇だ暇だ」を放っておいたら、苫野さんのオフィスが閉じられて入れなくされたり、恐竜に興味を持ったりした
→ルソー『無為な時間を見てけしからんと思うけれど、子どもがいかに空想を巡らせているかに目を向けなさい』
→「子ども達にとって、豊かな時間って?」
青砥さん
→デフォルトモード・ネットワーク
 =白昼夢状態、ぼーっとしている状態だけど脳は活性化
 →記憶ドリブンの情報処理
  →(スタバの話が出て)何も考えずに、普段の席に行っている
  ⇒何回も経験していることが、意識せずとも行動をもたらす
 ⇒クリエイティビティが隠れている
→空白の使い方を大切にしている
→発想する時は、いつもサウナ
 ⇒「もうダメだ―」と物事が煮詰まるまで考えてから、リラックス状態に
→ぼーっとしている子がいたら頭ごなしに叱るのではなく、「どうしたの?」と声かけ
苫野さん
→「学びを止めない」は大事だけれど、違和感
 =「学ばせることを私たち(大人)はやめない」では?
→子どもの豊かな時間を確保する
 →これができないのは、システムの問題
→子ども達は、学びのペースも違うし、心地よく感じる環境も違う
 ⇒大人のペースに嵌めるのではなく、子どもが個別で学べる環境を
→(今回の夏休み短縮の話が出て)「全員一律に夏休みを短縮する必要はなかった」
 ⇒補習が必要な子などだけ夏休みを短くするなど、個別対応すれば良い
青砥さん
→日本のように、ある程度の学力を担保できる教育システムがあるのはすごいこと
 →これだけのシステムを創れたのだから、もう一度新たな軸を作れるのでは?
→本人が今の教育システムで満足しているなら良いけれど、それ以外の学びの体系を作るべきでは?
→モチベーションは、2パターン
 ①ドーパミン性
 →Seekの情動
 ②ノルアドレナリン性
 →「やらないと」
 ⇒①と②のバランスが大事
  2つのバランスは、一人一人異なる
→現在の教育では①が無視されている
→②では集中力が続かなくなる because 全ての刺激に対して敏感になり、気が散るから
→②ばかりになっているなと感じたら、いかに①に立ち返るかが大切
 =「なんでやるんだっけ?」
→(サッカーの川口選手との対談の話の中で)「海外の選手は楽しむし、創造する」
 →練習は適当なのに、試合では練習よりも良いパフォーマンスをする

———————————————————————————————————————————

②意識について
青砥さん
→「学び」の定義づけの問題では?
→「育児って学ぶことだらけ」
 →ミルクをあげる時間がストレスだったけれど、「育児って学ぶことだらけ」と気付いたら、その時間が豊かな時間になった
 ⇒この事に気付かなかったら、成長も止まっていた
 ⇒見方を変えることで、豊かさや成長に変えられる
⇒「誰かに決められた学び」だけが、学びではない
⇒自分が得た体験を、いかに自分で学びにできるか
苫野さん
→「学びをどうとらえるか?」
 →本来楽しいはずなのに、いつからかつまらないものに
→保育・幼児教育「遊び浸るから、学び浸るへ」
→学校に入った瞬間に、学びと遊びが分けられる
→学びに対する拒否感が植えつけられるようなシステムになってしまっている
青砥さん
→回路は使われれば、エネルギー効率化の方向へと進む
 =使っているものは強化、使っていないものはlose because 存在するだけでエネルギーを使うから
→楽しさに気付けないとすれば、自分の内の感情に気付けないか、不適切なラベリングをしている
→(間引かれた後の)残ったシナプスをいかに使えるか
 =好奇心を持てるかどうか
→神経の可塑性
 →少しずつ使うことで、分子構造は変化する
→3つのネットワーク(URL:http://www.future-society22.org/blog/aoto)
 ①デフォルトモード・ネットワーク
 ②セントラル・エグゼクティブ・ネットワーク
 →意識的
 ③サリエンスネットワーク
 →①と②の間のイメージ
 →体/脳から発している情報に反応
 →情動を内側でモニタリング、非言語性
 →エクスペリエンスドリブン
→ワクワクしているが、気付けない
 ⇒自分の内側の反応性に、いかに気付けるか
→何となくの感覚知=違和感
⇒自分と向き合う時間が大切
 →内省記録をとる
→世の中にある情報が強すぎる
 →それが売れるから、さらに強くなる
 →自分の外側にある情報に注意を独占され過ぎている
 ⇒自分の内側に注意を向ける時間が必要
苫野さん
→哲学書を読むと、一瞬でストレスがなくなる
 =哲学者との対話で、自分の内と向き合える
→違和感を手放さない
→本質看取
 →違和感を言語化することで、共有可能に&自分での理解も深まる
青砥さん
→言語化することのメリット
 →記憶として想起しやすい
 →共有可能に
→違和感は非言語性だから、そこは理解したうえで言語化しようとする
 →完全変換ではない
→言語化することで、それに限定されてしまう
苫野さん
→言語は世界を包摂できない
 →それを踏まえた上で、本質をどこまで言葉にするか
青砥さん
→哲学者は、非言語的な世界を言語化していくスペシャリスト
 =終わりなき旅
→脳には答えがないが、原則や原理を探していくおもしろさがある
苫野さん
→科学と哲学の共通点は「構造化」
→相違点は「事実学(対象がある)と本質学(意味、価値)」
青砥さん
→fMRIなどで脳についてはだいぶ分かってきたが、それは実際の現象と言えるだろうか?

———————————————————————————————————————————

③伴走する人勢に必要な資質能力
苫野さん
→学びのエロスを掻き立てらえる人
 →エロス=ワクワク感
→「言われたことを、言われた通りできる」からの転換
⇒探究
 =自分たちの問いを立てて、自分なりの方法で、自分たちの答えを
⇒「子ども達の問いの答えを先生が分からない」でOK
⇒探究支援者、共同探究者であることが重要
青砥さん
→①ドーパミンドリブン
 ②ノルアドレナリンドリブン(?)
→幸せになれる子を育てたい
 =どう受け止めて、どう感じられるか
→先生一人一人がもっとハッピーに
 →自分の幸福のあり方を探究していない人が、他人の幸せのあり方に関われるだろうか?
→人間の脳はネガティビティバイアスにとらわれがち
 →大事な反応ではあるけれど、こればかりではもったいない
 →幸せの種にいかに注意を向けられるか
→分子構造を変えて、幸せに気付き、Well-beingであれるように
⇒エロスを見つけるには、いかに自分の情報と向き合うか
⇒堂々巡りにも意味がある
 →堂々巡りするのは、まだその神経情報に対する回路ができていないだけ
苫野さん
→探究を教育の中心に
 →堂々巡り、葛藤、失敗が大切
→探究とは「テーマを見つけ、問いを立て、方法を決め、発表する」
 →先生が決めたら構成型
 →子ども本人が決めたら非構成型
→先生が学んでいる姿を、子どもや親たちに見てほしい
青砥さん
⇒自分が一番楽しむ
 →楽しむ人がいれば、それが伝播する
→エロスが出まくっている人の周りにいてほしい
苫野さん
→先生が学んでいる姿を見る程、ワクワクすることはない
→子ども達が探究している間に、先生達で探究をしていればよい
→学校外の人も関わったらおもしろい
⇒ドーパミンドリブンの、エロスに満ちた学び

———————————————————————————————————————————

④教員養成について
苫野さん
→「授業ができない」と大学に苦情が来る
 →学ぶメインが教科内容で、教室運営を学んでいないため
→探究的な教員養成
 →現在の過程は、出来合いのコースになりがち
 →探究を経験できない
 →大学教授は下手な授業をするより、研究のプロなのだから学生の探究を支援する方が良いのでは?
 →コンテンツを集めるよりも、探究をチームで支援する方が良いのでは?
→教員は利用される存在
青砥さん
→主観では「世の中がどうなるかなんて分からない」
→テクノロジーによって、生活の様々な面が変わりやすい
⇒同じような内容を、同じように学んだ教員が、同じようなことを教えても、同じ人間しか育てられない
⇒先生一人一人が「強み」を輝かせるべき
→経営もchaoticに進めてきた
 →1つの事に絞ってやるだけでは、このコロナ禍ではうまくいかなかった
→chaosであることは大事
→ただ軸は「脳神経科学を使って、いかに人のWell-beingに貢献できるか」
苫野さん
→子どもは一人一人個性的で違う
 =動物園、宝の原石
青砥さん
→大学はエロスの集合体
苫野さん
⇒軸があるから、色々なことができる
⇒全ての子ども達が生きたいように生きられる力を育むことが大事
青砥さん
⇒軸は一人一人が自分の内に作っていく
 →自己と向き合い、何度も自分の内に向き合う
→軸があるから、柔軟でいられる
苫野さん
→教員免許の質を変える
 ⇒探究支援にエロスを感じられる
 ⇒「待つ」と「関わる」の判断ができる
青砥さん
⇒理念を叶えられるような、教員養成課程にするべき
→「子ども達をどうやって支援するのか」
 ≠教育コンテンツ
 =エロスを感じさせられるのか
→採用要件に、担当者の「どう感じるか」を入れている
→空白を持つこと、自由度を持つ
 =評価軸は評価担当者に作らせている
→多様を受け入れるような資格化
 =多軸化、一人一人を尊重
→プロセスの評価も蓄積
→データを取ることが、本人の学びに役立つのかどうかが大切
 ⇒データを取ること自体が目的化してはダメ
苫野さん
→EBPM(Evidence-Based Policy Making)は危険もはらんでいる
 →測定が目的化
 →測定した結果「どういう物を求め、どう活かしたいのか」が提示されないことが多い
 ⇒教育哲学者を入れてほしい
青砥さん
→仮説を立証するための問いになってしまいがち
→科学には常に外れ値がある
→パソコンのように「0、1」だけでの政策立案は危険
中原さん
→一眼ではあるが、一様ではない
苫野さん
→多様化は本当に大事
中原さん
→ザインストローマー
 →オランダ、入職のあり方
→今回の話を踏まえて、TFJの活動に活かしたい

———————————————————————————————————————————

⑤最後に
青砥さん
⇒センスオブワンダー、学びのエロスを大切にできるか
→Well-being
→なかなか手が回らないところにAIを活用
苫野さん
→教育は、民主主義社会の土台
→自由(生きたいように生きる)の相互承認
 →憲法が最も大事
 →自由に生きるには、力が必要
 →感性においてまで刻みこむために教育が必要
→そのためには、法、教育、福祉
 →全ての自由を実質化

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラ

また私が塾で行っている「新聞音読&要約」を紹介する動画をアップいたしましたので、ご活用ください。