上野千鶴子さんの祝辞から感じたこと

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

ここ数日は初夏を思わせるような陽気が続いていますね晴れ
ポスティングをしているせいもあって、私は時計焼けをするほど日焼けしてしまいました。

———————————————————————————————————————————-

さて先日東京大学で入学式が行われ、そこでの上野千鶴子さんの祝辞が話題となっていましたが、ご覧になりましたか?

ご覧になっていない方は、リンクを貼っておきますので是非一度読んでいただきたいです
上野千鶴子さん 祝辞

———————————————————————————————————————————-

上野さんの祝辞の中で特に私の中に残った言葉があります。

それは
あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。

ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。

そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。

あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。

世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと…たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。

恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。

そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。
という部分です。

———————————————————————————————————————————-

実を言うと、私も大学入学当時「がんばれば報われる」と思っていました。
そして、恥ずかしがら「報われないのはがんばっていないから」とも。

ただ色々な環境で育った人と会う中で、「今までそう思えていたのは、親が与えてくれた環境があったから」と気付いた時、「自分はなんて狭い視野の中で生きてきたんだ…」と非常に情けなくなりました。

———————————————————————————————————————————-

環境というのは自分が生きてきた世界のみ見ることのできる、ある種色眼鏡のようなものです。
しかしそれ以外にも世界はもちろん存在し、「その世界に気付こうとするかどうか」「その世界を見ようとするかどうか」なのだと自身の経験から感じます。

そして、自分の偏った色眼鏡を認知し、手放す上で、「学ぶ」という営みが非常に大きな役割を果たす、と私は感じます。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)
その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

ポスティングいたします♫

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

昨日の真冬のような寒さからは一転、今日は暖かく過ごしやすい陽気ですね晴れ
この時期は気温が安定せずに風邪を引きやすい時期でもありますので、体調を崩さないようくれぐれも気を付けてくださいねほっとした顔

———————————————————————————————————————————-

さて、本日から下記の冊子をポスティングいたします。

PDF版はコチラ
→ 活字を読む習慣がなく、勉強が苦手な子にこそ知ってほしい!塾の活用法&塾に依存し続けない学び方

———————————————————————————————————————————-

桜丘1、2、3、4、5丁目、経堂4、5丁目、船橋1丁目にポスティングいたしますので、「新学年になったし、塾に行ってみようかな♫」という方や、「塾の新学期や春期講習に乗り遅れてしまった…」「春期講習に行ってみたものの、合わなかった…」という方は是非手に取ってみてくださいねわーい (嬉しい顔)

共育学舎BCIは「学年ごとの時間割がない、無学年」&「少人数制」なので今からでも対応可能です♫

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)
その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

桜丘中学校 入学式

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

土日の暖かさからは一転、昨日、今日は少し肌寒いですね。
明日は雨が降って、最高気温も10℃以下のようですので、体調を崩さないように気をつけてくださいねほっとした顔

———————————————————————————————————————————-

さて、世田谷区内の中学校では本日入学式が行われました。
私が主宰する共育学舎BCIにも新入生がいるため、「気持ちの良い青空のもとで入学式を迎えることができ、本当に良かった」と感じます。

中学生というと、年齢的に自分の中で様々な矛盾を抱え、また自己と他者の間で葛藤し、悩む時期でもあると思います。
ただその1つ1つが「自分とは?」と考える良き機会になる、と私は感じます。
「自分」という存在に向き合うのは苦しい場面もあるかと思いますが、自分と向き合った経験は決して無駄にはなりません。
その意味でたくさん悩んでほしいと思います。

そして、中学生の特権は「失敗できること」です。
是非色々なことに挑戦し、たくさん失敗してください。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)
その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

4月8日からの授業について

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

昨日、今日と非常に暖かく、過ごしやすい日が続いていますね♫
仕事といえど室内にいなくてはならない状況を恨めしく感じます…

———————————————————————————————————————————-

さて共育学舎BCIでは本日で春期講習が終了となり、4月8日(月)は通常通り16時半からのスタートとなりますのでご注意ください。

また、「塾の新学期や春期講習に乗り遅れてしまった…」「春期講習に行ってみたものの、合わなかった…」という方の無料体験も受け付けておりますので、新学年のスタートを機に一緒に学びませんか?
学年ごとの時間割がない「無学年」&「少人数制」なので今からでも対応可能です♫

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)
その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

宅浪を振り返る⑥ ~模試の活用法~

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

今日はここ数日に比べて暖かいですね晴れ
私は寒いのが苦手なので、このまま暖かい陽気が続いてくれることを願わずにはいられません。

———————————————————————————————————————————

さて、今回は「模試の活用法」について書かせていただきます。

現役生、浪人生問わず、自分の現状を把握することは重要です。
それによって「それまでの学習は正しかったのか」を判断でき、「その後の戦略」を考えるための材料となります。

では、どうやって自分の現状を把握すれば良いのでしょうか?
私はそれが模試だと思っています。

———————————————————————————————————————————

私が主宰する共育学舎BCIでも、中学3年生になると模試を受けます。
そこで「子ども達から毎年される質問」や「模試の結果に対する反応」を挙げながら、どうやって模試を活用すれば良いのかについて書き進めていきます。

まず、毎年模試の前になると必ず子ども達から受ける質問があります。
それが「模試のために勉強した方が良いですか?」です。
もちろん本人達は自分なりに考えた上での質問だと思うのですが、私は「模試のための勉強なんてそもそも存在しないだろ」と、ついつい心の中で毒づいてしまいます…笑

上記のように模試はあくまで「自分の現状を把握するための手段」です。
そのため模試の結果を上げるために勉強するというのは本末転倒ですし、する必要はありません。

———————————————————————————————————————————

次に結果が返ってきた時の子ども達の反応が、下記のものになります。
「得点/偏差値がヤバイ」
「合格判定がヤバイ」
そもそも何でも「ヤバイ」を表そうとする現状がヤバイだろと毎年ツッコミを入れたくなるのですが…(苦笑)、大抵はこのような反応を示します。

もちろん得点/偏差値や合格判定を気にするのは大切ですし、そこに目が行くのも理解できます。
しかし得点/偏差値ばかりを気にしていると、「何が解けて、何が解けなかったのか」を見落としてしまいます。

繰り返しになりますが、模試の目的は「自分の現状を把握すること」です。
それは「何ができていて、何ができていないのか」を明確にすることです。

『木を見て森を見ず』ということわざがありますが、模試の場合は『森(得点/偏差値)を見て木(問題ごとの正誤)を見ず』にならないように注意してください。

———————————————————————————————————————————

ここまでの内容に加え、「試験会場に何分前に着くと、落ち着いて試験に臨めるのか」「移動中どのように過ごすのか」「どのような格好で行くと、試験中に対応しやすいか」なども意識しながら模試を受けると、実際の試験の際に非常に役立ちます。(自分なりに様々な条件下で「実験」をしてみてください♫)

模試は活かし方次第で、価値が何倍にもなります。
是非「自分なりのテーマ」を持って、模試を受けるようにしてください。

———————————————————————————————————————————-

↓「宅浪」についての今までの記事はこちらから↓
宅浪を振り返る① 〜なぜ宅浪を選んだのか〜
宅浪を振り返る② ~まず最初に行ったこと~
宅浪を振り返る③ ~参考書/問題集の選び方~
宅浪を振り返る④ ~計画の立て方~
宅浪を振り返る⑤ ~苦手科目は予備校や塾を活用~

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)
その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

本や新聞を読む意義

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

今日は少し肌寒いですが、すっきりとした青空ですね♫
ただ午後からは雨が降るようですので、折り畳み傘を持つようにしてくださいね!

———————————————————————————————————————————-

さて今回は「本/新聞を読む意義」について書かせていただきます。

私は子ども達に本/新聞を読むように薦めています。
それは、本/新聞を読むことで私が重視している『学びの土台』を築ける、と考えているからです。(特に、『文章を読み、理解する力』と『思考の道具』としての言語、の部分)

ただ子ども達に「本/新聞を読みましょう!」と言っても読まないことは火を見るよりも明らかなので…(笑)、共育学舎BCIでは毎回新聞の音読&要約を行い、子ども達の本/新聞への抵抗感をできる限り小さくするよう心掛けています。

↓『学びの土台』については下記をご参照ください。↓
「塾に依存し続けない学び方」を考える①
「塾に依存し続けない学び方」を考える② ~「塾=万能」の弊害~
「塾に依存し続けない学び方」を考える③ ~「塾に依存し続けない学び方」の軸~
「塾に依存し続けない学び方」を考える④ ~『学びの土台』とは~
「塾に依存し続けない学び方」を考える⑤ ~「読む」と「読める」の違いとは~
「塾に依存し続けない学び方」を考える⑥ ~『学びの土台』がある子とない子の伸び方~
「塾に依存し続けない学び方」を考える⑦ ~なぜ『学びの土台』なのか~
「塾に依存し続けない学び方」を考える⑧ ~「好き」を学びに活かす~

———————————————————————————————————————————-

もともとは上記のように『学びの土台』作りを目的に始めた新聞音読&要約ですが、最近もう1つ大きな意義があるのではないかと感じるようになりました。

それは、子ども達が普段馴染みのない社会問題を知ることができ、さらにそれについて考える「時間的空白」を持てることです。
そしてそれにより、子ども達がそれまでは他人事だった様々な社会問題を「自分事」として捉えられるようになると感じています。

これは本でも同様のことが言えます。

———————————————————————————————————————————-

もちろん社会問題はテレビでも知ることができます。
しかしテレビの性格上、考えるための「時間的空白」を持つというのはなかなか難しいのではないでしょうか?

それを踏まえると、知るだけに留まらず「自分なりに考える時間も確保できる」のは、本/新聞の大きなメリットだと感じます。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)
その中でも特に「自分が好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです♫
また、不登校の子も大歓迎です。

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

宅浪を振り返る⑤ ~苦手科目は予備校や塾を活用~

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

今日は昨日に比べて少し肌寒いですね。
お花見の季節ではありますが、夜はまだまだ寒いので体調を崩さないように気をつけてくださいね♫

———————————————————————————————————————————

さて、今回は「宅浪だとしても、苦手科目は予備校の単科を活用した方が良い!」という内容で書かせていただきます。

本題に行く前に少し私の大学受験について書かせていただきます。
私は現役時代私立の薬学部を志望していました。

そのため、受験科目は英語・数学・化学の3教科3科目でした。
しかし浪人が決まった時に私の中に変なプライドが芽生え「浪人するなら国公立」と、国公立志望に変えました。
それに伴い英語・数学・化学だった受験科目が、英語・数学・国語・化学・生物・政経の5教科7科目になりました。

今考えると「ちっぽけなプライドだな」と感じますが、勉強面で弟や妹に常に負い目を感じていた私なりのライバル心だったように思います。

———————————————————————————————————————————

ただプライドだけで国公立志望にしたものの、現実問題として国語・生物・政経を新たに勉強しなくてはなりません。
さらに理系であるにも関わらずあまり数学が得意ではなかったため、多くの時間を数学に割きたいと感じていました。
そこで「全てを自力でやるのは無理だから、新たに始める国語と生物と政経は予備校なり塾なりに頼ろう」と決めました。

具体的には、国語は自分が高校受験からお世話になっていた塾で個別指導を、生物と政経は代ゼミでセンター試験対策の講座をとりました。
ちなみに、生物は大森先生、政経は蔭山先生の講座で、二人とも非常に分かりやすかったです。

———————————————————————————————————————————

結果論になりますが、「国語・生物・政経は塾/予備校に頼って本当に良かった」と思います。
センター試験本番で、国語は140点前後(現代文88点+古典&漢文55点前後)、生物60点前後、政経は80点で、5教科7科目では目標としていた8割をとることができました。

国語・生物・政経まで自分でやっていたら、おそらく全てが中途半端になってセンターで8割をとるのは難しかったのではないかと思います。

———————————————————————————————————————————

代ゼミであれば、単科1講座に年8万ほどで通えます。
もちろん安い投資だとは思いませんが、「時間対効果」を考えると頼れるところは頼った方が良い、というのが経験者としての意見です。

また授業に行くために「強制的に家から出られる」というのも、気分がふさぎ込みがちな宅浪生にとって1つのメリットのように感じます。

宅浪生、ファイト♫

———————————————————————————————————————————-

↓「宅浪」についての今までの記事はこちらから↓
宅浪を振り返る① 〜なぜ宅浪を選んだのか〜
宅浪を振り返る② ~まず最初に行ったこと~
宅浪を振り返る③ ~参考書/問題集の選び方~
宅浪を振り返る④ ~計画の立て方~

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)
その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求はコチラから

学年があがるからこそできる「学び方」

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

今日は春らしい、気持ちの良い晴れとなりましたね晴れ
春期講習でずっと室内にいなくてはならない状況が非常にもどかしく感じます…苦笑

———————————————————————————————————————————

さて、今回は学年があがるからこそできる「学び方」について書かせていただきます。

本題にいく前に少し共育学舎BCIの話をさせていただくと、BCIに来てくれる子は基本的に「勉強が苦手」と感じている子が多いです。
そして、今までの学習内容がごっそり抜け落ちているという場合が多く見受けられます。

そのような場合に私が実践しているのが「同じ単元を縦断して学ぶ方法」です。
例えば中3の「式の計算」に進む前に中1の「正の数・負の数」「文字式」と中2の「式の計算」を一気に復習する、中2の「be動詞の過去形」に進む前に中1の「be動詞」を復習する、などの方法をとっています。

こうすることで積み残していた内容を一気に復習でき、かつこれからの学習内容を理解しやすくなるというメリットがあります。

———————————————————————————————————————————

もちろん「学んだことをコツコツ積み上げられる」というのが理想であるのは言うまでもありません。

しかし何らかの事情で今までの学習内容に抜けがあったとしても、上記のように工夫次第で遅れを取り戻すことができます。
その事を是非知っていただきたいです。
そして、この方法であればご家庭でも実践できます。

もし塾に頼るのであれば、学年ごとのクラスを設けていないような無学年の塾が良いかと思います♫

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分が好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです♫
また、不登校の子も大歓迎です。

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

春休みを使って、『学びの土台』作り♫

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

昨日、一昨日は冬のような陽気でしたが、今日はまた暖かくなるようですね。
朝晩と昼の気温差が大きく、体調を崩しやすい時期でもあるので、くれぐれも体調に気を付けてくださいねほっとした顔

———————————————————————————————————————————-

さて世田谷区内の小中学校では本日終業式が行われ、明日から春休みですね。

共育学舎BCIではそのまとまった時間を有効活用するため、下記の日程で春期講習を行います♫
(ⅰ)3月26日(火)~3月29日(金)
(ⅱ)3月31日(日)~4月2日(火)
(ⅲ)4月4日(木)~4月6日(土)

春休みは一年間の総復習&新学年の準備、そして『学びの土台』作りに最適ですので、このタイミングに一緒に学び始めませんかわーい (嬉しい顔)?(右記のリンクより無料体験をお申し込みいただけます鉛筆)

特に、小学生なら国語・算数・社会・理科の中に「もう少し」のある、中学生なら内申が5科12~18、9科22~30の、「活字を読む習慣のない、勉強が苦手な子」と一緒に学びたいと思っています♫

ご連絡お待ちしておりますわーい (嬉しい顔)

———————————————————————————————————————————-

また『学びの土台』はあまり馴染みのない概念だと思いますので、詳しくは下記の記事を参考にしてくださいねわーい (嬉しい顔)
「塾に依存し続けない学び方」を考える①
「塾に依存し続けない学び方」を考える② ~「塾=万能」の弊害~
「塾に依存し続けない学び方」を考える③ ~「塾に依存し続けない学び方」の軸~
「塾に依存し続けない学び方」を考える④ ~『学びの土台』とは~
「塾に依存し続けない学び方」を考える⑤ ~「読む」と「読める」の違いとは~
「塾に依存し続けない学び方」を考える⑥ ~『学びの土台』がある子とない子の伸び方~
「塾に依存し続けない学び方」を考える⑦ ~なぜ『学びの土台』なのか~
「塾に依存し続けない学び方」を考える⑧ ~「好き」を学びに活かす~

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分が好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです♫
また、不登校の子も大歓迎です。

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

宅浪を振り返る④ ~計画の立て方~(再掲)

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

昨日、今日と非常に暖かい日が続いていますね晴れ
桜の開花宣言もあり、来週には満開を迎えるそうですので、非常に楽しみですね桜

———————————————————————————————————————————-

さて、先日「宅浪を振り返る③ ~参考書/問題集の選び方~」の中で、「参考書/問題集を選び際のポイント」について書きました。

そこで今回は選んだ参考書/問題集をもとに「どうやって計画を立てたら良いのか」についてまとめたいと思います。

———————————————————————————————————————————-

「さっそく計画の立て方を」と言いたいところなのですが、計画を立てる前にまずは『逆算思考』について知っていただきたいと思います。

『逆算思考』は簡単に言うと、「ゴールを設定してから、一年/一カ月/一週間/一日にやることを計画する方法」です。
→詳しくはコチラ:『逆算思考』

『逆算思考』による計画でないと「やったのに伸びない」ということになりかねませんので、必ずこの考え方を意識しながら計画を立ててください。

———————————————————————————————————————————-

ではここからは「どのように計画を立てたら良いか」について書かせていただきます。
その際「一年/一カ月/一週間/一日」という4つの時間軸を入れるようにしましょう。

[一年]

私の場合、国立大学を志望していたので、ゴールは2月25日でした。
そして、センター試験から国立の前期日程まで(①)で「過去問演習(京都工芸繊維大学)」、12月中旬~センター試験まで(②)は「過去問演習(センター試験対策)」というように、過去問演習に1ヶ月充てる計画を立てました。

また、問題集に関しては2月下旬~10月中旬(③)で「青チャートⅠAⅡBⅢCを3周する」というような形で考えていました。(実際に何カ月をかけて青チャートをやったかを忘れてしまったため、この期間はあくまで仮定です)

このように一年間の計画は「〇ヶ月で~をする」といった、大まかなもので構いません。

———————————————————————————————————————————-

[一カ月]
一年間の大まかな計画を立てたら、今度はそれを「一カ月当たり」に落とし込みます。

上記の青チャートをもとに考えると、青チャート3周(約3000問)を約9カ月でやることになります。
一カ月あたりの問題数を求めるには単純にわり算をすれば良いので、3000÷9=333(問/ヶ月)になります。

現実的でない数字になってしまいましたが、1周目で解けた問題は2周目以降解かない、2周目で解けた問題は3周目は解かない、という形にしていたので実際は3000問よりも少なくなります。

———————————————————————————————————————————-

[一週間]
一週間当たりの問題数を求める際も、考え方は一カ月と同じです。
そのためここでは「一週間当たりの求め方」は割愛し、一週間をどのように考えていたかを書きます。

これも和田秀樹さんの本に書かれたことを実行しただけですが、私は一週間を
月曜~金曜:勉強を進める
土曜:「月曜~金曜に終わらす予定で終わらなかったこと」を終わらせる
日曜:一週間の復習をする
というようにしていました。

実際に浪人生活を始めてみると分かりますが、計画は思い通りに進まないこともあります。
その際、土曜日を「月曜~金曜に終わらす予定で終わらなかったこと」を終わらせる日と考えることで、精神的にゆとりが持てます。
また、日曜日に一週間の復習をすることで定着率を高められます。

———————————————————————————————————————————-

[一日]
一日当たりの問題数を求める場合も一カ月の時と同じで、一週間当たりの問題数÷5をするだけです。

計画の立て方とはずれますが、勉強ノートを毎日書くことをオススメします。
そして一日ごとの「予定」と「実際」、「その日の感想」をメモしましょう。

「そんな面倒臭いことを…」と感じるかもしれませんが、スランプに陥った際に勉強ノートを見返せば「自分はこれだけやってきた!」と自信を取り戻すキッカケになります。

———————————————————————————————————————————-

「計画は一度立てたら終わり」ではありません。
予定より早く進むこともあれば、予定より遅れてしまうこともありますので、必ず週初め、月初めに計画を見直すようにしてください。

宅浪生、ファイト♫

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)
その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです♫
また、不登校の子も大歓迎です。

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求はコチラから