宅浪を振り返る② ~まず最初に行ったこと~

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

今日は非常に暖かく、春を思わせる陽気ですね。
少しずつ春が近づいてきていると思うと、心もウキウキしますね♫

———————————————————————————————————————————-

さてだいぶ期間があいてしまいましたが、昨年「宅浪を振り返る① 〜なぜ宅浪を選んだのか〜」を書かせていただきました。
そして、その中で「自分の長所/強みを活かす学び方をしたかったため、宅浪を選んだ」と書きました。

そこで今回は「宅浪することを決めて、まず何をしたか」について書いていきたいと思います。

———————————————————————————————————————————-

宅浪を選んだ人がまずしなくてはならないことは、下記の2つではないかと思います。

(一年・一カ月・一週間・一日単位の)計画を立てる

参考書/問題集を選ぶ

この2つさえできてしまえば、あとは「それを実行できるかどうか」だけです。(この2つができないのであれば、予備校に行った方が安全だと思います)

———————————————————————————————————————————-

私はこれらを考える際に、和田秀樹さんの大学受験合格請負シリーズを参考にしました。
新・受験勉強入門合格ガイダンス―偏差値15上の大学を射程圏内に!志望校突破のための戦術バイブル!!
新・受験勉強入門勉強法マニュアル―やり方で受かる!和田式要領勉強術の実践ノウハウ
新受験勉強入門 参考書ファイル 増補2訂版
和田式センター試験突破マニュアル 増補2訂版
数学は暗記だ! 増補2訂版

もちろん宅浪する全ての人が読む必要はありませんが、「どうやって計画を立て勉強したら良いのか」「自分のレベルに合う参考書/問題集は何だろうか」などがわからない場合、非常に参考になると思います。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)
その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです♫
また、不登校の子も大歓迎です。

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です