ラクビーW杯 ~選手たちのインタビューから学ぶ~

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)

朝晩の冷え込みが厳しくなり、秋を飛び越して冬のような気候になりましたね。
今年はインフルエンザがすでに出始めているようですので、早めの対策を心掛けてくださいねほっとした顔

また台風15・19号で被災された方の一日も早い復興を、心より願っております。

———————————————————————————————————————————

さてラグビーW杯が大盛り上がりをみせていますが、ご覧になっていますかわーい (嬉しい顔)
私はスポーツ全般見るのが好きなので、先日のスコットランド戦もテレビで見ていたのですが、手に汗握る大接戦でしたね♫

史上初のベスト8進出を果たした日本代表ですが、次の南アフリカ戦でもベストパフォーマンスを見せてほしいと思っています。

———————————————————————————————————————————

試合後の選手達のインタビューを聞いていると、多くの選手が口にする印象的な言葉があります。
それは「色々な犠牲の上に、この結果がある」という言葉です。

私は「この言葉こそが、私達が学ぶべきものではないか」と、インタビューを聞きながら感じました。

———————————————————————————————————————————

今回のラグビー日本代表の目標は、選手達のインタビューから「ベスト8進出」だと推察できます。
しかし同じ組にはW杯前の時点でランキング1位のアイルランド、そして前回大会で敗戦したスコットランドがいて、日本にとっては決して楽な組ではなかったと思います。

前回と同じ取り組みをしていては、前回のようにベスト8を逃すとの危機感があったはずです。

———————————————————————————————————————————

では選手たちは何をしたか?
それがインタビューの中で選手達が口にする、「多くの犠牲を払うこと」だったのだと思います。

それは家族との時間を削ることかもしれませんし、遊ぶ時間を減らすことかもしれません。
はたまた趣味の時間を減らしたのかもしれません。

インタビューからではどんな犠牲を払ったのかを直接知ることはできませんが、日常生活も含めた全ての時間をラグビーに捧げていたのではないかと思います。

———————————————————————————————————————————

もちろん私たちは日本代表ではないので、ここまでの取り組みはしなくて良いと思います。

ただ「自分が手にしたいものが、自分の現状よりも高ければ高いほど、多くの犠牲を払わなくてはならない」という事実は、知っていなくてはならないと思います。
これはスポーツの世界に限らず、受験でも同様です。

そしてこの事実こそが、今回の日本代表から学ぶべきことではないかと、私は強く感じます。

「犠牲」と聞くとあまり良い印象を受けないかもしれません。
しかし、私個人は「『自分が手にしたいと思ったもの』に対して、どれだけ真剣になれるか」と同義で、プラスの印象を持っています。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

考えながらスポーツをする

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)

昼はまだまだ日差しが強いですが、朝晩はだいぶ涼しくなりましたねわーい (嬉しい顔)
寒暖差が大きいと風邪を引きやすくなりますので、体調を崩さないようくれぐれも気を付けてくださいねほっとした顔

また台風18号が近づいていますので、くれぐれもご注意ください。

———————————————————————————————————————————

さて、ラクビーW杯が先月開幕し、大いに盛り上がっていますね。

私は種目を問わずスポーツを見るのも、行うのも好きなので、先日のアイルランド戦も観ていたのですが、日本が歴史的勝利をあげた際には思わず涙が出そうになりました。

試合の翌日、日本テレビ『スッキリ』で、元ラグビー日本代表の大畑さんが試合について解説していました。

その中で「日本は個の力では劣るから、組織としてスクラムに臨んだ」と仰っていて、「ウィークポイントは工夫次第でストロングポイントにできること」、そして「考えながらスポーツをすることの重要性」を改めて感じました。

———————————————————————————————————————————

今回のアイルランドのように体格で上回っている相手と戦う際に、「相手の土俵にのっていては絶対に負けてしまう。では、どうやったら勝てるだろうか?」という発想は、スポーツをする上で必要不可欠なインテリジェンスだと思っています。

その賢さがないと「ただ相手にがむしゃらにぶつかる」「闇雲に練習量を増やす」などの選択肢しか浮かばず、自分の実力以上の相手には一生勝てません。

最悪の場合、試合前にケガをする可能性もあります。

———————————————————————————————————————————

少し私の話もさせていただきます。

私は高校時代、4×400mRで関東大会に出場しています。
この話をすると大抵、「運動神経が良かったのですね」という反応で終わってしまいます。

しかし私は決して体格に恵まれているわけではありません。
身長が164㎝しかなく、周りの選手と比べて歩幅が狭いため、普通に走っていては自分より背の高い選手にどんどん離されてしまいます。

そのビハインドを埋めるために何をしたかというと、私は「テーマ」を持って練習に臨んでいました。
 「この練習は、400mの中の300m地点を想定しよう」
 「試合での目標が○秒だから、今回のタイム設定は□秒にしよう」
などのように、常に「本番を想定しての練習」を行っていました。

また試合で力を出し切れるように、そこから逆算をして練習メニューを組んでいました。
(→この時の取り組み方を勉強に活かした『逆算思考』が、以下のリンク先からご覧いただけます:逆算思考)

今振り返ると、私は陸上を通じて「科学していた」のだと思います。

———————————————————————————————————————————

壁にぶつかった時、何の工夫もせずに壁にぶつかり続けても、ただ痛いだけです。

そこで必要になるのが、「壁の横をすり抜ける」「壁をよじ登って乗り越える」「壁を道具で壊す」のような発想の転換です。
そして、それは頭を働かせられるアスリートにしかできないと思っています。

子ども達と関わっていると、たまに「勉強は苦手だけど、スポーツは得意」という子に出会います。
しかし私は「スポーツとは、自分の体を使って『科学すること』」と考えているため、私自身はその言葉をあまり信じません。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の、『学びの土台』を築くサポートをしています。(→『学びの土台』についてこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから