なぜ「新聞音読&要約」を行うのか

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)
ここ数日の寒さが和らぎ、今日は春らしい陽気ですね晴れ

そんな気持ちの良い天気とは裏腹に、全国的に新型コロナウイルスが猛威をふるっております。
(1)密閉空間であり、換気が悪い (2)近距離での会話や発声がある (3)手の届く距離に多くの人がいるの3条件がそろうと、集団感染が起きやすくなるそうですので、こういった場面や場所を避けるように心がけてください。
うがい、手洗い、換気などをいつも以上に入念に行ってくださいね。

———————————————————————————————————————————

さて先日、友人と話しながら、「なぜ新聞音読&要約を行うのか」について改めて考える機会がありました。
そしてその過程で1つ気付いたことがあります。

それは「『新聞音読&要約』を継続することで、本や新聞を読む習慣への橋渡しになる」ということでした。

———————————————————————————————————————————

私が普段関わる子ども達は勉強があまり得意でない子や、本/新聞を読む習慣のない子が多いです。
そしてそれらの状態の子達を観ていると、「教科書を読むのも一苦労、問題文を読むのも一苦労」となっている子が非常に多いことに気付きます。
さらに読むこと自体に大量のエネルギーを使うため、読んだ内容を基に考える際にエネルギーがすでに枯渇して考えられない、となりやすいです。
これではもちろん学びは深まり/広がりません。

その状況を改善するためには、「読める」ようになる必要があります。
そして「読める」ようになるには、実直に本や新聞を読むほかありません。
しかし習慣のなかった子がいきなり本や新聞を読めるかというと、それはハードルが高いように感じます。
そこでBCIで新聞音読&要約をすることによって、少しでも子ども達の本や新聞への心理的距離を縮められるよう心掛けています。

———————————————————————————————————————————

また本や新聞に慣れないと、いつまでも評論文が外国語のような存在になってしまうと感じます。
すなわち文章を目では追えるけれど、ただ目で追うだけで文章の内容を全く理解できない、との状態に陥ります。

その状態を抜け出し、評論文を身近なものにするためにも、新聞に親しむことは役立つと思います。

———————————————————————————————————————————

新聞音読&要約はご家庭でも行えます。
そしてホームページに載っているコラムを使えば、無料で行えます。



手順を説明した動画も貼っておきますので、是非実践してみてください。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘2丁目で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてはこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応可能ですわーい (嬉しい顔)

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です