質を高め、量をこなすために「休む」

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)

今日は一日中雨が降り、気温も上がらず肌寒いですね雨
気温が30℃を超える日もあれば、今日のように20℃を下回る日もあり、気温が安定せず風邪を引きやすい時期ですので、くれぐれもご注意ください。

———————————————————————————————————————————

さて、今回は「休むこと」の重要性について書かせていただきます。

私はよく子ども達と「勉強のしかた」や「部活動への取り組み方」について話します。
それによって、勉強面では「限られた時間を、いかに効率良く使うか」を相談できますし、部活動(運動部)であれば「ケガのリスクを下げながら、練習の質を上げる方法」を伝授できます。

どちらも取り組みの質を高めて、(自分にとって必要な)量をこなし、結果に結び付けるために必要な考え方である、と私は考えています。

———————————————————————————————————————————

一方で、子ども達の中には「徹夜をしてでも勉強する/もしくは、そのように親御さんなどから言われる」「休みもとらず、ひたすら練習する/もしくは、そのように顧問・コーチなどから言われる」という子もいます。

そのような話を聞くと、「根性論はとっとと淘汰されてしまえ」と感じてしまいます。

確かに徹夜をすれば勉強に充てられる時間は増えるため、それなりの結果は取れます。
また、部活動でも時間を伸ばせば行えることは増えるため、上達します。
しかしそれを何カ月も続けられるかというと、まず無理です。

どこかで無理がたたって、勉強であれば「学習内容が身に付かないのにも関わらず、疲れが溜まる→集中できない→さらに定着率が下がる&疲れが溜まる→…」、部活動であれば「練習したのに結果が伴わない&ケガのリスクが高まる→ケガをする→練習できない→…」などの負のスパイラルに陥ります。

———————————————————————————————————————————

「徹夜をしてでも勉強する」「休みもとらず、ひたすら練習する」の2つの根底にあるのは、「何の戦略もないけれど、量さえこなしておけば、何とかなるだろう」という希望的観測、つまり思考停止の状態です。

しかし勉強であれ、部活動であれ、成長するには「考えながら行動すること」が不可欠です。
そのため上記のような思考停止の状態で取り組んでも、それは「ただの作業」にしかならず、結果には結びつきません。

———————————————————————————————————————————

勉強や部活動を「ただの作業」にしないためには、
・自分なりに意図や目的を考えられる状態であること
・自分にとって必要な量を、集中してこなせる状態であること
の2つが確保されている必要があります。

それには戦略的に休みを取り、眠たい状態/極度に疲れた状態を意図的に避ける必要があります。

「休み=サボリ」という古い考え方を捨て、「休み=取り組みの質を高めながら量をこなし、結果を出すための手段」ととらえる必要があります。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

分からなくなったら、戻れば良い

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)

今日は少し肌寒いですが、気持ちの良い晴れですね晴れ
暖かい方が好きな私は、このまま晴れが続くことを願わずにはいられません。

———————————————————————————————————————————

さて、共育学舎BCIに来てくれている子の多くが通う桜丘中学校では今年度から中間・期末テストが廃止され、小テスト形式になりました。

こちらの中学校です → 世田谷の校則ゼロ公立中、授業中に廊下で自習してもOK

最近その小テストが始まったと聞いていたので、中3の子とそれについて話していると、少しはにかみながら「授業中に行われる数学の小テストで2回連続満点なんですよ」と教えてくれました。

———————————————————————————————————————————

実はその子の中2時の数学の成績は1、1、2でした。
そして入塾してくれた当初の今年2月の時点では、中1で習う「正負の数」、「文字と式」も怪しい状態でした。 

ただものすごく素直で、さらに必要な努力を惜しまない子でもあり、この3カ月の間に1・2年の復習をして基礎を固め、3年生の内容にも触れられる程でした。
そのため「結果はどんどん変わるだろうな」とは思っていたのですが、今回の結果には正直ビックリでした。

彼には「短期間であっても、正しく勉強すれば伸びる」と改めて教えてもらったように感じます。

———————————————————————————————————————————

今回の彼に限らず、私は「つまずいた所まで戻ってやり直せば、子ども達は伸びる」と感じています。

中には「学校の授業はどんどん進むのだから、前に戻る余裕などない!」という方もいると思います。
しかし付け焼き刃の知識や、誤魔化し誤魔化し身に付けた知識では、遅かれ早かれ勉強は分からなくなります。

時間が限られているからこそ「急がば回れ」と考え、まずは基礎を固めることが大切です。

———————————————————————————————————————————

戻って学ぶ際のポイントは、2つあります。

①プライドを捨てる
「~年生なんだから、こんなことやらなくて大丈夫」というプライドを捨てるのは、なかなか難しいと思います。
それを受け入れれば、「自分はできていない」という現実も受け入れなくてはなりません。

しかしその考えがある限り、勉強はできるようになりません。
一度変なプライドは捨てて、基礎を固めることが重要です。

②5、6割解ける単元に戻る

あまりに簡単すぎても、あまりに難しすぎても、モチベーションは続きません。

そのため、5、6割は解ける単元に戻ってやり直してください。

———————————————————————————————————————————

今回のように「子ども達が変わっていく姿」というのは私にとって何よりの喜びですし、「また気持ちを新たにガンバろう」と思える原動力でもあります。

私ができることには限りがありますが、「たくさん間違えながら、それを1つ1つ身に付けよう」と子ども達の背中を押し続けること、そして「やったらできる」と実感してもらえるように学びの土台を築くこと、にはこれからもこだわっていこうと思います。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)
その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

「学ぶっておもしろい♫」

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度はご訪問いただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)

今日も昨日と同様、どんよりとした曇り空ですね。
先日まで非常に暖かい日が続いていたため、今日くらいの気温でも少し肌寒く感じます。
朝晩は少し冷え込みますので、風邪を引かないように注意してくださいねほっとした顔

———————————————————————————————————————————

さて昨日までゴールデンウィークでしたが、みなさんはどのように過ごされましたか?
実家に帰省された方や旅行に行かれた方、はたまた日々の疲れを癒すために家に籠っていた方など、様々な過ごし方をされたと思います。

私はというと、まとまった時間が取れたため、買ったままになっていた「Grit : The Power of Passion and Perseverance」という洋書を読み始めました。

———————————————————————————————————————————

私は学生時代から英語が好きで、大学生の頃から気になった本を洋書で読んでいました。
大人になってからも続けていたのですが、最近は時間をうまく作れずなかなか読む機会を持てずにいました。(言い訳ですね…)

久しぶりに洋書を読むということもあり、単語を調べながらゆっくりと時間をかけて読んでいるのですが、「学ぶっておもしろいな」と感じています。
一度読んだだけで理解できない部分があったりと苦労もあるのですが、その苦労も含めて「学ぶってこういう感覚だったな」と心を満たされている自分がいます。

———————————————————————————————————————————

日々子ども達と関わる中で、私は「子ども達に何かを学んでほしいのであれば、まずは大人達が学ぶ姿を示すことが最良の手段である」と感じています。
そして「一緒に学んでみない?」と学びの世界に共に飛び込んでいくのが理想である、と考えています。

私の職業は「私が子どもに何かを教えるのと同時に、私が子どもから何かを学ぶ仕事」でもあります。
私が学ぶ姿を子ども達に示していれば、子ども達もより多くのことを教えてくれるようになる、と感じています。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)
その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

「本や新聞は読みたくないけれど、勉強はできるようになりたい」という矛盾

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

今日は午前中の強雨が嘘のように、午後はすっきりと晴れていますね晴れ
ゴールデンウィークも残すところ4日となりますので、楽しんでくださいね♫

———————————————————————————————————————————

さて、今回は私が「矛盾していないか?」と感じることについて書かせていただきます。

まず、私は「学校の勉強以外にも様々な形で学ぶことができる」と思っています。
私が主宰する共育学舎BCIのような「塾」での学ぶこともできますし、日々生活する中で疑問に感じたことを調べるのも学習です。
また、私はマンガや本/新聞を読むことも学習だと考えています。

このように学校の勉強(座学)以外にも学ぶ方法はたくさんあります。

———————————————————————————————————————————

上記の中でも、私は特に「本/新聞を読むこと」を非常に重視しています。
そのため共育学舎BCIでは毎回子ども達に新聞の音読&要約をしてもらい、可能な限り「活字を読む機会を増やす」ようにしています。

もちろん中には「そんな時間のかかることはしないで、(塾なんだから)最短距離で解答にたどりつける方法やテクニックだけを教えていれば良い」と考える方もいらっしゃると思います。
しかし自身の経験から、私は「その考え方こそが子どもが伸びない原因である」と考えています。

———————————————————————————————————————————

「読める」というのはサッカーで例えるならば「走れる」、すなわち土台に相当します。


では、サッカーで最も基本的な「走る」ということができなければ、どうなるでしょうか?
もちろん試合には出られませんし、技術を身に付けたとしても使う機会がないため宝の持ち腐れです。
つまり技術というのは、土台があって初めて活きるものです。

それは勉強においても同じです。
最も基本的な「読む」ということができなければ、文を理解する段階で苦労するため、その先には進めません。
また仮に無理やり解法やテクニックだけを身に付けても、少し問題文を変えられただけで題意を理解できず、解法やテクニックを活かすことすらできません。

———————————————————————————————————————————

今回はスポーツを例に挙げましたが、芸術など他の分野でも同じです。
土台があるからこそ、技術が活きます。

本や新聞を読むのは、最も効果的な投資です。
是非お子さんと一緒に本や新聞を読む時間を設けて、学ぶための土台を作っていただきたいと思います。

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)
その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

上野千鶴子さんの祝辞から感じたこと

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

ここ数日は初夏を思わせるような陽気が続いていますね晴れ
ポスティングをしているせいもあって、私は時計焼けをするほど日焼けしてしまいました。

———————————————————————————————————————————-

さて先日東京大学で入学式が行われ、そこでの上野千鶴子さんの祝辞が話題となっていましたが、ご覧になりましたか?

ご覧になっていない方は、リンクを貼っておきますので是非一度読んでいただきたいです
上野千鶴子さん 祝辞

———————————————————————————————————————————-

上野さんの祝辞の中で特に私の中に残った言葉があります。

それは
あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。

ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。

そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。

あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。

世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと…たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。

恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。

そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。
という部分です。

———————————————————————————————————————————-

実を言うと、私も大学入学当時「がんばれば報われる」と思っていました。
そして、恥ずかしがら「報われないのはがんばっていないから」とも。

ただ色々な環境で育った人と会う中で、「今までそう思えていたのは、親が与えてくれた環境があったから」と気付いた時、「自分はなんて狭い視野の中で生きてきたんだ…」と非常に情けなくなりました。

———————————————————————————————————————————-

環境というのは自分が生きてきた世界のみ見ることのできる、ある種色眼鏡のようなものです。
しかしそれ以外にも世界はもちろん存在し、「その世界に気付こうとするかどうか」「その世界を見ようとするかどうか」なのだと自身の経験から感じます。

そして、自分の偏った色眼鏡を認知し、手放す上で、「学ぶ」という営みが非常に大きな役割を果たす、と私は感じます。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)
その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです(不登校の子も大歓迎です)♫
また無学年・少人数制のマナビノバなので、今までの学習内容に抜けがあっても対応できます!

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

本や新聞を読む意義

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

今日は少し肌寒いですが、すっきりとした青空ですね♫
ただ午後からは雨が降るようですので、折り畳み傘を持つようにしてくださいね!

———————————————————————————————————————————-

さて今回は「本/新聞を読む意義」について書かせていただきます。

私は子ども達に本/新聞を読むように薦めています。
それは、本/新聞を読むことで私が重視している『学びの土台』を築ける、と考えているからです。(特に、『文章を読み、理解する力』と『思考の道具』としての言語、の部分)

ただ子ども達に「本/新聞を読みましょう!」と言っても読まないことは火を見るよりも明らかなので…(笑)、共育学舎BCIでは毎回新聞の音読&要約を行い、子ども達の本/新聞への抵抗感をできる限り小さくするよう心掛けています。

↓『学びの土台』については下記をご参照ください。↓
「塾に依存し続けない学び方」を考える①
「塾に依存し続けない学び方」を考える② ~「塾=万能」の弊害~
「塾に依存し続けない学び方」を考える③ ~「塾に依存し続けない学び方」の軸~
「塾に依存し続けない学び方」を考える④ ~『学びの土台』とは~
「塾に依存し続けない学び方」を考える⑤ ~「読む」と「読める」の違いとは~
「塾に依存し続けない学び方」を考える⑥ ~『学びの土台』がある子とない子の伸び方~
「塾に依存し続けない学び方」を考える⑦ ~なぜ『学びの土台』なのか~
「塾に依存し続けない学び方」を考える⑧ ~「好き」を学びに活かす~

———————————————————————————————————————————-

もともとは上記のように『学びの土台』作りを目的に始めた新聞音読&要約ですが、最近もう1つ大きな意義があるのではないかと感じるようになりました。

それは、子ども達が普段馴染みのない社会問題を知ることができ、さらにそれについて考える「時間的空白」を持てることです。
そしてそれにより、子ども達がそれまでは他人事だった様々な社会問題を「自分事」として捉えられるようになると感じています。

これは本でも同様のことが言えます。

———————————————————————————————————————————-

もちろん社会問題はテレビでも知ることができます。
しかしテレビの性格上、考えるための「時間的空白」を持つというのはなかなか難しいのではないでしょうか?

それを踏まえると、知るだけに留まらず「自分なりに考える時間も確保できる」のは、本/新聞の大きなメリットだと感じます。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)
その中でも特に「自分が好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです♫
また、不登校の子も大歓迎です。

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

学年があがるからこそできる「学び方」

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子のためのマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する、学びの土台ビルダーの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

今日は春らしい、気持ちの良い晴れとなりましたね晴れ
春期講習でずっと室内にいなくてはならない状況が非常にもどかしく感じます…苦笑

———————————————————————————————————————————

さて、今回は学年があがるからこそできる「学び方」について書かせていただきます。

本題にいく前に少し共育学舎BCIの話をさせていただくと、BCIに来てくれる子は基本的に「勉強が苦手」と感じている子が多いです。
そして、今までの学習内容がごっそり抜け落ちているという場合が多く見受けられます。

そのような場合に私が実践しているのが「同じ単元を縦断して学ぶ方法」です。
例えば中3の「式の計算」に進む前に中1の「正の数・負の数」「文字式」と中2の「式の計算」を一気に復習する、中2の「be動詞の過去形」に進む前に中1の「be動詞」を復習する、などの方法をとっています。

こうすることで積み残していた内容を一気に復習でき、かつこれからの学習内容を理解しやすくなるというメリットがあります。

———————————————————————————————————————————

もちろん「学んだことをコツコツ積み上げられる」というのが理想であるのは言うまでもありません。

しかし何らかの事情で今までの学習内容に抜けがあったとしても、上記のように工夫次第で遅れを取り戻すことができます。
その事を是非知っていただきたいです。
そして、この方法であればご家庭でも実践できます。

もし塾に頼るのであれば、学年ごとのクラスを設けていないような無学年の塾が良いかと思います♫

———————————————————————————————————————————

世田谷区の桜丘で活字を読む習慣がなく「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と感じている子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)

その中でも特に「自分が好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです♫
また、不登校の子も大歓迎です。

ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)資料請求・無料体験申込はコチラから

冬期講習について

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字が苦手な子の『学びの土台』作りをサポートするマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問いただきありがとうございますぴかぴか (新しい)

今日も昨日に引き続き、気持ちの良い陽気が続いていますねわーい (嬉しい顔)

———————————————————————————————————————————-

さて、共育学者BCIでは昨日で通常授業が終了し、明日からは冬期講習となります。

日程は下記の通りです。
第1期:12月23日〜12月25日
第2期:12月27日〜12月29日
第3期:1月5日〜1月7日

1コマ目:9時30分〜11時15分(中3)
2コマ目:11時30分〜13時15分(中3)
3コマ目:14時15分〜15時45分
4コマ目:16時〜17時30分
5コマ目:17時45分〜19時15分
6コマ目:19時30分〜21時

———————————————————————————————————————————-

「1・2学期の内容にとりこぼしがある…」「新学年を見越して、今から動こうかな」と感じている方は、冬期講習から『学びの土台』作りを始めませんかわーい (嬉しい顔)


無料体験も実施しています♪

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で活字が苦手な子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)
その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです🎵また、不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
資料請求はコチラから

「塾に依存し続けない学び方」を考える⑧ ~「好き」を学びに活かす~

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字が苦手な子の『学びの土台』作りをサポートするマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

昨日、今日と朝の冷え込みが一段と厳しくなりましたね…
BCIに通ってくれている子ども達の中にも風邪気味の子が出始めていますので、うがい・手洗いなどの対策を心掛けるようにしてくださいねほっとした顔

———————————————————————————————————————————-

さて、先日今年の全国高校サッカーの応援マネジャーが発表され、映画「ちはやふる ‐結び‐」や「オロナミンC」のCMに出演する女優の清原果耶さんが就任することが明らかになりました。

高校サッカー好きの私としては「いよいよこの季節がやってきた♫」と心躍っています。
本当は高校サッカーの魅力をこれでもかと書きたいのですがそれは別の機会にし、今回は「高校サッカーがどう将来の活きたか」について書きたいと思います。

————————————————————————————————————-

私は小学校の頃から祖父に連れられて「高校サッカー」を観戦するようになり、現在でも毎年見に行くほどの高校サッカー好きです。
昨年は1回戦と決勝を見に行きましたし、(高校サッカー好きでは有名な)帝京と東福岡が対戦した第67回の「雪の国立」なども観に行っています。

高校サッカーをご存じない方もいらっしゃると思うので、少しだけ説明いたします。
高校サッカーは東京の代表2校と各道府県の代表1校が出場し、高校No.1を決める大会です。
Jリーグや海外リーグで活躍する選手の中にも、高校サッカーに出場していた選手が多くいます。
現在活躍している選手ですと、大迫勇也選手(鹿児島城西高校)や柴咲岳選手(青森山田高校)などが出場しています。

高校サッカーでは毎年出場校を一覧にまとめた大会パンフレットが販売されます。
私が小学生の頃は毎年それを祖父に買ってもらい、出場校を覚えてしまうくらい読み込んでいたのですが、振り返るとそれが「私にとって非常に大きな学びになっていた」ように感じます。

———————————————————————————————————————————-

①学校名や選手の名前から漢字を覚えられた
学校で習っていない漢字でも読めるようになったのは、間違いなくパンフレットを読み込んでいたおかげだと思います。

②都道府県の大体の位置が覚えられた
パンフレットは北海道地方、東北地方、…と北の地方から順にならんでいたため、自然と都道府県の場所を覚えることができました。

③都道府県名だけでなく、地名も一緒に覚えられた
学校名には地名が付いている場合もあるため、そのおかげでだいぶ地名を覚えられたように感じます。
例えば、浅野拓磨選手の出身校である「四日市中央工業高校」のおかげで、四日市ぜんそくと言われた時に「あー、三重県か!」と結びつけることができました。

これらは一例ですが、「好きこそ物の上手なれ」が学びにつながった良い例ではないかと思います。

———————————————————————————————————————————-

子どもは好きなことから多くのことを学びます

好きに没頭できるのは子どもの特権なので、お子さんが何か好きなものに没頭している時は「学んでいるのだな」と温かい目で見守ってあげていただきたいですほっとした顔
そして、是非お子さんの「好き」をたくさん見つけてあげてほしいと思います。

ぴかぴか (新しい)お読みいただき、ありがとうございますぴかぴか (新しい)

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で活字が苦手な子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)
その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです🎵また、不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
資料請求はコチラから

これからは「読めること」がさらに大切になる!?

こんにちはわーい (嬉しい顔)
クラブ活字が苦手な子のマナビノバ『共育学舎BCI』を主宰する小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)この度は、ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

今週は雨が降ってすっきりとしない日が続いていますね。
乾燥が厳しくなる季節ですのでたまの雨はありがたいですが、ここまで雨が続くと晴れ間が恋しくなりますね。

———————————————————————————————————————————-

さて、今回は「これからは『読めること』がさらに大切になる!?」という内容で書かせていただきます。

昨日教育開発出版株式会社さんが主催する「東京都公立高校入試分析セミナー」に参加してきました。
詳しい内容は割愛させていただきますが、その中でも気になった内容を以下に記します。

———————————————————————————————————————————-

東京都公立入試は他道府県の入試に比べて、問題文字数が非常に多い

なかなか他道府県の公立入試問題を目にする機会がなかったため私も知らなかったのですが、東京都の公立入試は他道府県に比べて問題文字数が多いそうです。(神奈川県も同様だそうです)
科目によっては他道府県の2倍、3倍になるものあるとのことでした。
その結果「問題文をろくに読まずに、問題を解いている子が相当数いるのではないか」と疑わざるをえない状況が、問題分析から見て取れるとおっしゃっていました。

東京都の公立入試を見たことがある方は分かると思いますが、理科や社会などは問題文を読むだけで2択まで絞れる問題が多くあります。
しかし、上記のように「問題文を読まずに解いている子」だと、そういった2択まで絞れる(比較的解きやすい)問題さえも落とす可能性が高くなってしまいます。

そうなると「読めるか、読めないかが合否の差になる」とセミナーの登壇者の方がおっしゃっていました。

———————————————————————————————————————————-

また、「文字数が多い」という共通点から、2020年に始まる大学入学共通テストについて触れる場面もありました。

例として示された数学ⅠAの文字数が下記になります。
‘18センター試験:約4000字
‘17プレテスト(共通テスト):約12000字
このままの文字数が維持されるかは分かりませんが、共通テストでは相当文字数が増えることが予想されます。
また、数学がでも「問題文が(時間内に)読めないから、解けなかった」という子が多く出るのではないかと思います。

———————————————————————————————————————————-

「読める」というのは先々の人生においても重要になるので、この機会に一度「読めるとは?」について一人一人が考える必要があるように、私は感じます。

P.S. 先日「読めるとは」についてブログを書きましたので、宜しければ参考にしてください。
『塾に頼らない学び方』を考える⑤ ~「読む」と「読める」の違いとは~

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で活字が苦手な子の強みや長所を活かしながら、学びの土台を築くサポートをしています。(→学びの土台についてこちらを参考にしてください)
その中でも特に「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」と共に学びたいです🎵また、不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
資料請求はコチラから