日常に隠れた学びを広げる

クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

7月、8月の暑さも和らぎ、今日は秋らしい陽気ですね。
気温が急激に下がったので、体調を崩さないように気をつけてくださいね。

また、台風21号、北海道胆振東部地震で被災された方にとっての日常が一日も早く戻ることを願っています。

———————————————————————————————————————————-

さて、今回は「日常に隠れた学びを広げる」という内容で書かせていただきます。

昨日経堂小の横を歩いていると、男の子3人が建物の裏で何かを探していました。

「何を探しているのかな?」と気になってしばらくその様子を見ていると、その内の1人が「「ヤモリとったー!」とうれしそうに言いながらみんなの方に走っていきました。
そのあまりにうれしそうな様子に「体験を大切にね」と思いながら、一人微笑んでしまいました。

———————————————————————————————————————————-

その様子を振り返りながらふと、誰かがその子に「ヤモリとイモリって何が違うんだろうねー?」と問いかけてあげれば、その子の学びは一気に広がるのではないか、と感じました。

例えばそこで
「ヤモリは守宮/家守で、イモリは井守って書くらしい。だから、ヤモリは地上で生活していて、イモリは水中で生活しているんじゃないだろうか」
「ヤモリは地上で、イモリは水中で生活しているなら、形は似ているけれどヤモリは爬虫類、イモリは両生類かな」
「爬虫類と両生類って違いはあるけれど、セキツイ動物って点では同じだね」
といった具合に、類比・対比に結び付けたり、漢字から特徴を予想できるようになれるなと感じ、『どうやって学びを子ども達にとって身近なものにできるか』のヒントをもらったような気になりました。

また、こういった体験をともなった学びの方が印象にも残ります。

———————————————————————————————————————————-

昨今「学びは学校や塾の中だけで起きるもの」という風潮があるように感じます。

しかし、それに対して私は非常に違和感を覚えます。
赤ちゃんを見ていれば分かるように、日常の全てに学びのチャンスは存在しています。
そして、それは赤ちゃんだけでなく大人になっても同じだ、と私は考えています。

日々の中に学ぶ機会はいくらでもあるので、「それをどうやって活かすか」なのだと改めて感じました。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時に輝く子」の強みや長所を活かしながら、『文章を読み、理解する力』を身に付けて、学びの土台を築くサポートをしています。
不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
資料請求はコチラから

語彙は、学んだことを結び付ける「接着剤」

クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

暦の上では秋になりましたが、まだまだ残暑の厳しい日が続いています。
一時の猛烈な暑さに比べだいぶ涼しくなりましたが、それでも連日暑い日が続いていますので、熱中症にはくれぐれもお気を付けください。

———————————————————————————————————————————-

さて、今回は「語彙は接着剤のような役割をしているのではないか」という内容で書かせていただきます。

私はよく「勉強が得意な子と苦手な子の差は、何だろうか?」ということを考えます。
その差が分かれば、勉強が苦手な子に対してより的確なサポートができますし、たとえ時間がかかったとしても勉強が苦手な子を得意な子に変えることができます。
そのため、しばしば子ども達を観察して「何が差を生み出すのか」を自分なりに考察しています。

両者を観察して気付くことの1つに「語彙」が挙げられます。
勉強が得意な子は語彙が豊富なのに対して、苦手な子は語彙が少ない傾向にあるように感じるのです。

———————————————————————————————————————————-

私は「語彙の豊富さは、スポンジの密度に相当するのではないか」と考えています。

上図(左)のように密度が低くすかすかのスポンジであれば、水はどんどん流れでてしまいます。
一方、上図(右)のように密度が高いスポンジであれば、保水力は高まります。

勉強でも同じことが起きるのではないかと思うのです。
勉強が得意な子:語彙が多い⇒結び付けるものが多い⇒定着しやすい
勉強が苦手な子:語彙が少ない⇒結び付けるものが少ない⇒定着しにくい

こう考えると、語彙は「学んだことをつなぎとめる接着剤」のような働きをしているのかもしれません。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時にキラリと輝く子」の強みや長所を活かしながら、『文章を読み、理解する力』を身に付けて、学びの土台を築くサポートをしています。
不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
資料請求はコチラから

学ぶ材料はいろいろ

クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

台風13号のが近づいている影響で、今日はとてもジメジメした天候ですね。
台風13号による大雨、強風はこれからですので、くれぐれもお気を付けくださいね。

また、西日本豪雨によって亡くなった方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された方々にとっての日常が一日も早く戻ることを願っております。

———————————————————————————————————————————-

さて、先日のブログでも触れましたが、文部科学省が7月31日に、4月に実施した全国学力テストの結果を公表しました。
全国学力テスト2018

その結果分析の中に「グラフの読み取りが苦手」という課題があったため、さっそく以下のような「図表からの読み取り問題」を作ってみました。
図表の読み取りだけでも良いのですが、せっかくの「学びを広げられるチャンス」なので子ども達には以下の事柄についてまず自分で考えてもらい、その上で調べてもらおうと思っています。

①「再生可能エネルギーが安くなってきた背景」「あなたならどんなものをエネルギーとして使おうと考えるか」
②「原子力発電の仕組み」「原子力発電に賛成or反対」「なぜ日本は原子力発電をやめられないのか」
③「なぜ死刑が廃止される流れにありのか」「(オウムの死刑が最近あったから)死刑について賛成か、反対か」

———————————————————————————————————————————-

今回は「図表からの読み取り」でしたが、「学ぶ材料」はそこら中にあります。

普段は見過ごしてしまっているかもしれませんが、それを「いかに自分事としてとらえられるか」が大切なのだと思います。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時にキラリと輝く子」の強みや長所を活かしながら、『文章を読み、理解する力』を身に付けて、学びの土台を築くサポートをしています。
不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
資料請求はコチラから

いよいよ明日

クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

台風が去り、昨日、今日は再び気温があがりましたね。
先日の暑さに比べれば気温は下がったと言えど、まだまだ暑い日が続きます。
しっかりと水分・塩分を補給し、熱中症等にはくれぐれもお気を付けください。

また、西日本豪雨によって亡くなった方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された方々にとっての日常が一日も早く戻ることを願っております。

———————————————————————————————————————————-

さて、先日もブログを書きましたが、明日7月31日火星が地球に最接近し、午後9時頃の南の夜空にて観察できるそうです。(2003年以来15年ぶりのことだそうですよ)
国立天文台 火星大接近2018

次回は17年後の2035年だそうなので、今回のチャンスをお見逃しなく♫

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時にキラリと輝く子」の強みや長所を活かしながら、『文章を読み、理解する力』を身に付けて、土台を築くサポートをしています。
不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
資料請求はコチラから

火星大接近2018

クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ
ぴかぴか (新しい)ご訪問ありがとうございますぴかぴか (新しい)

昨日に比べて涼しくなったとはいえ、今日も暑さの厳しい日が続いていますね。
明日以降は多少最高気温が下がるようですが、気を抜かずにしっかりと水分・塩分補給をし、熱中症等にはくれぐれもお気を付けください。

また、西日本豪雨によって亡くなった方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された方々にとっての日常が一日も早く戻ることを願っております。

———————————————————————————————————————————-

さて、来る7月31日火星が地球に最接近し、午後9時頃の南の夜空にて観察できるそうです。(2003年以来15年ぶりのことだそうですよ)
国立天文台 火星大接近2018

今回大接近する「火星」という星を今までに授業で習ったり、存在を知っている子は多いと思います。
しかし、「ただ知っている」のと「実際に自分の目で見る」のとでは決定的に違います
実際にまだ目にしたことのない子は、今回五感をフルに働かせながらその光景を味わってほしいです。

P.S. 火星の大接近は15~17年周期で、次回は17年後の2035年。
今回はまたとないチャンスですので、是非お見逃しなく♫

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時にキラリと輝く子」の強みや長所を活かしながら、『文章を読み、理解する力』を身に付けて、土台を築くサポートをしています。
不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
共育学舎BCI ~子どもの「文章を読み、理解する力」を伸ばし、独学できるようにするマナビノバ~

夏休みに「学びの土台作り」をしよう♫

ぴかぴか (新しい)ご訪問いただきありがとうございますぴかぴか (新しい)
クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ

今日も暑さの厳しい日が続いていますね。
明日以降も酷暑が続くようですので、水分・塩分補給をしっかりとし、熱中症等にはくれぐれもお気を付けください。

また、西日本豪雨によって亡くなった方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された方々にとっての日常が一日も早く戻ることを願っております。

———————————————————————————————————————————-

さて、世田谷区の小中学校では終業式も終わり、子ども達にとっては待ちに待った夏休み。

夏休みはまとまった時間があり、子ども達の「好き」を伸ばすには絶好の機会です。
国立科学博物館で行われる特別展「昆虫」を始め、金井宇宙飛行士の長期滞在ミッション報告会など、子ども達の知的好奇心を刺激してくれるイベントも盛りだくさんなので、是非この機会にしかできないことに挑戦してみてくださいね♫

また、今までの学びを見直す良い機会でもあります。
これまで「学びの土台を築かずにきてしまった」と感じているお母さん/お父さんは、この機会に「学びの土台」を築き始めませんか?
共育学舎BCIでは無料体験を行っているので、興味のある方は是非ご連絡くださいね。
資料を請求する

———————————————————————————————————————————-

ただ、「学びの土台って、なんぞや??」という方もいらっしゃると思います。
イメージがわきずらい方は、以下にBCIが考える「学びの土台」と、BCIが「行うこと」についてまとめていますので、無料体験を検討する際の参考にしてくださいね。

———————————————————————————————————————————-

また、最後に少しだけ「なぜBCIが下記のことを行うのか」について補足させていただきます。

子どもの興味の対象を広げる
→ 興味の対象を広げられれば、今は気付いていないかもしれない「自分の興味」が見つかったり、「自分が輝けるフィールド」が見つかるかもしれない。

「文章を読み、理解する力」を身に付けて学びの土台を築き、自分でどんどん学べる
→ 自分でどんどん学べるようになれば子どもにとって学びは楽しいものになり、どんなに変化が激しい時代でも自分に必要なものを見つけて学び続けられる。

語彙を増やしながら、言葉を「思考の道具」として自在に操れるようにし、自分なりの答えを導き出せる
→「答えがない」と言われるこれからの時代に、自分なりの答えを導き出せるというのは必要不可欠になる。

私はこれらを通じて、「学ぶ楽しさ」に気付き、自ら学び始める子になれるようなサポートをし続けよう、と考えています。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時にキラリと輝く子」の強みや長所を活かしながら、『文章を読み、理解する力』を身に付けて、土台を築くサポートをしています。
不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
共育学舎BCI ~子どもの「文章を読み、理解する力」を伸ばし、独学できるようにするマナビノバ~

夏休みに「学びの土台作り」をしよう♫

ぴかぴか (新しい)ご訪問いただきありがとうございますぴかぴか (新しい)
クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ

今日も暑さの厳しい日が続いていますね。
明日以降も酷暑が続くようですので、水分・塩分補給をしっかりとし、熱中症等にはくれぐれもお気を付けください。

また、西日本豪雨によって亡くなった方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された方々にとっての日常が一日も早く戻ることを願っております。

———————————————————————————————————————————-

さて、世田谷区の小中学校では終業式も終わり、子ども達にとっては待ちに待った夏休み。

夏休みはまとまった時間があり、子ども達の「好き」を伸ばすには絶好の機会です。
国立科学博物館で行われる特別展「昆虫」を始め、金井宇宙飛行士の長期滞在ミッション報告会など、子ども達の知的好奇心を刺激してくれるイベントも盛りだくさんなので、是非この機会にしかできないことに挑戦してみてくださいね♫

また、今までの学びを見直す良い機会でもあります。
これまで「学びの土台を築かずにきてしまった」と感じているお母さん/お父さんは、この機会に「学びの土台」を築き始めませんか?
共育学舎BCIでは無料体験を行っているので、興味のある方は是非ご連絡くださいね。
資料を請求する

———————————————————————————————————————————-

ただ、「学びの土台って、なんぞや??」という方もいらっしゃると思います。
イメージがわきずらい方は、以下にBCIが考える「学びの土台」と、BCIが「行うこと」についてまとめていますので、無料体験を検討する際の参考にしてくださいね。

———————————————————————————————————————————-

また、最後に少しだけ「なぜBCIが下記のことを行うのか」について補足させていただきます。

子どもの興味の対象を広げる
→ 興味の対象を広げられれば、今は気付いていないかもしれない「自分の興味」が見つかったり、「自分が輝けるフィールド」が見つかるかもしれない。

「文章を読み、理解する力」を身に付けて学びの土台を築き、自分でどんどん学べる
→ 自分でどんどん学べるようになれば子どもにとって学びは楽しいものになり、どんなに変化が激しい時代でも自分に必要なものを見つけて学び続けられる。

語彙を増やしながら、言葉を「思考の道具」として自在に操れるようにし、自分なりの答えを導き出せる
→「答えがない」と言われるこれからの時代に、自分なりの答えを導き出せるというのは必要不可欠になる。

私はこれらを通じて、「学ぶ楽しさ」に気付き、自ら学び始める子になれるようなサポートをし続けよう、と考えています。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「自分の好きなことを、楽しそうに話してくれる子」「(大人数よりも)少人数の時にキラリと輝く子」の強みや長所を活かしながら、『文章を読み、理解する力』を身に付けて、土台を築くサポートをしています。
不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
共育学舎BCI ~子どもの「文章を読み、理解する力」を伸ばし、独学できるようにするマナビノバ~

共育学舎BCIチラシ

ぴかぴか (新しい)ご訪問いただきありがとうございますぴかぴか (新しい)
クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ

ここ数日の酷暑が少し和らぎ、今日は多少過ごしやすいですね。
梅雨らしい梅雨もないまま梅雨明けをし、夏本番に向かっていきますので、熱中症等には気をつけてくださいねわーい (嬉しい顔)

———————————————————————————————————————————-

さて、7月5、6日のリビング新聞東京西に共育学舎BCIのチラシを入れています。(桜丘2丁目、3丁目、5丁目、経堂4丁目、5丁目)


文字数は多いですが、「BCIが大切にしていること」「マナビメイトになりたい子」などについて詳しく書いていますので、もし手にした方は是非読んでみてくださいね♫
そして、少しでも興味をお持ちの方は是非ご連絡くださいね♫
一緒に「学びの土台作り」をしましょう♫

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「大人数だと埋もれてしまうけれど、少人数だと光るものがある子」「自分の好きなことを、嬉しそうに話してくれる子」の強みや長所を活かしながら、『文章を読み、理解する力』を身に付けて、土台を築くサポートをしています。
不登校の子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
共育学舎BCI ~子どもの「文章を読み、理解する力」を伸ばし、独学できるようにするマナビノバ~

 

読む力と方法論から考える「塾の活かし方」

ぴかぴか (新しい)ご訪問いただきありがとうございますぴかぴか (新しい)
クラブ共育学舎BCIの小杉ですクラブ

昨日は寒さが和らぎましたが、今日はまた寒くましたね。
インフルエンザも流行ってきているようですので、くれぐれも気を付けてくださいねわーい (嬉しい顔)

———————————————————————————————————————————-

さて、今回は「読む力と方法論から考える塾の活かし方」について書かせていただきます。
だいぶ長いですが…(笑)、良かったら読んでみてください(^^)

私は、勉強のできる度合いを考える時、大まかに写真の①~③に分けられるように感じています。

読む力と方法論&ツールとしての言語_01
①文章を読んで、理解する力が足りない and 「問題の解き方を知らない」などのテクニック不足の状態
②文章を読んで、理解する力はある but 「問題の解き方を知らない」などのテクニック不足の状態
③文章を読んで、理解する力がある and テクニックの部分も身に付いている→「独学できる」状態

———————————————————————————————————————————-

塾に通ってすぐに結果が出るのは、元々②か③の状態だった子だけです。
②→③の状態に持っていくにはテクニックを伝授するだけなのでそれほど時間はかからないですし、③の状態の子に至っては適切なテキストや参考書を与えれば独学でも結果がついてくると思っています。

一方、①の状態の子は非常に時間がかかります。
①→②はもともと時間のかかる土台作りであり(子どもが言葉を話すようになるまでの過程を考えてもらえればご理解いただけると思います)、言葉に関わる部分だからこそ「読む・聞く・書く・話すの4技能を使った活動」が必要になります。
数学のような「この時はこれ!」といった一対一対応の解法があるわけではないので一筋縄にはいかないことも多く、どうしても時間がかかってしまいます。

お子さんがどの状態にいるのかにもよりますが、塾に通う前にお母さん/お父さんがこの部分をしっかりと理解していないと、「塾に行ったのに、思っていた程は伸びない」ということにつながりかねません。

そして、私の中での「塾が求められている役割」というのが①から下に伸びているピラミッドのイメージです。
すなわち、文章を読んで、理解する力をじっくりと養うだけの時間がないので、解き方やテクニックを覚えて覚えて凌いでしまおう、という考え方です。
もちろん塾というのは「時間が限られている場」ですので、ある程度は仕方ないことなのかもしれません。
しかし、見ていただいて分かるように土台が固まっていないため、非常に不安定であり、脆弱です。
ここでいう「不安定であり、脆弱」とは、いずれ覚えらえる量に限界が来て、勉強ができなくなることと同義だと考えていただければよいです。
つまり、「文章を読んで、理解する力」が身に付かない限り、テクニックはその場しのぎの延命措置でしかないと私は思っています。
それほど「文章を読んで、理解する力」は重要です。

私の仕事は塾というカテゴリーだと思うのですが、私はやはり子ども達に「学ぶ楽しさ」を知ってほしいので、たとえ時間がかかったとしても①→②→③というステップを踏み続けています。

———————————————————————————————————————————-

あともう1点。

文章を読んで、理解する力を考える際、言葉には「コミュニケーションツールとしての言語」と「思考ツールとしての言語」の2つの役割があると思っていて、私の中では文章を読んで、理解する力の両輪のイメージです。

文章を読み、理解する力が欠如している子は、前者の「コミュニケーションツールとしての役割」では何とかなっているのかもしれません(とは言え、周りが理解しようとしてくれている部分は多分にあるはずです)。
一方、「思考ツールとしての役割」の部分では、圧倒的に足りていないことが多いです。
そうなると論理的に文章を読むことを求められる国語であったり、読んだものを文字や数字におこして考える数学であったり、実験結果から考察する理科といった「言葉を介して考える科目」で限界が早くきてしまいます。
さらに、「思考ツールとしての言語」が身に付いていない状態で、「答えがない」と言われるこれからの時代を生き抜けるかというと、私は疑問に感じてしまいます。

長くなりましたが、私は「生きるとは学び続けること」だと考えていて、それには「文章を読んで、理解する力」が必要だと感じています。
そして、「文章を読んで、理解する力」の根幹である言語には「コミュニケーションツールとしての役割」と「思考ツールとしての役割」があり、個人的には「これからの時代は思考ツールとしての役割により重きが置かれる」と思っています。

———————————————————————————————————————————-

世田谷区の桜丘で「大人数だと埋もれてしまう子」や「育てにくいな」と感じる子の強みや長所を活かしながら、Learning to Learn(学ぶための学び方)を身に付けるサポートをしています。(特に、「文章を読み、理解する力を養うこと」を重視しています)
不登校の子や発達に偏りのある子も大歓迎です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
無料体験も受け付けていまするんるん (音符)
共育学舎BCI ~大人数だと埋もれてしまう子/「育てにくいな」と感じる子の「強み」や「長所」を伸ばすマナビノバ~